年代別対策 50代の方

Welcome to Shirogane Beautiful Aging World

私は50代シンデレラ。娘シンデレラが来年お嫁にいくことになり一安心。悩みの種がひとつ消えた今、一番気になるのは昔と違う自分の顔ね。若い頃の私の美貌は隣国までもきこえたものよ。自慢の肌はもう全然違うけど…。娘シンデレラの結婚舞踏会が控えているし何とかしたいの。ただお姉さま達がつかったような怖い魔法は嫌。そこまではしなくて良いと思っているの。でも、久しぶりの舞踏会でまた輝きたいわ。
どうにかなるものなのかしら?

魔法は使いようよ、シンデレラ。巷の噂を鵜呑みされたら悲しいわ。魔法使いだって色んなタイプがいるし、どんどん進化しているのよ。ただ慎重になるのはとても良いことね!私もむやみに魔法を使いすぎるのは良くないって思っているわ。ただ若さを追い求めるのではなくて、今の貴女をもっともっと輝かせましょう!
貴女にぴったりの安心な魔法を教えるわ。

コンシーラー呪縛から逃れられないすべての50代シンデレラへ 目指すのは若作りではなく「美しさ!」

“肌に悪いとわかりつつコンシーラーを止められない” “昔との違いに鏡を見る度にガッカリ” はっきりとした加齢変化に対して、どうしてよいか分からなくなるのがこの年代です。今のスキンケアに限界を感じているようでしたら理論に基づいた美容医療を上手に利用して下さい。化粧品でどうにもならないのには理由があります。
ファッションに好みがあるように、美容医療もクリニックごとの“美の基準”があります。当院が大切にしているのは年齢を重ねたからこその美しさ。女性も50歳を過ぎるとそれまでの人生経験や知恵がバランスよく熟成され、その年齢ならではの味わいが出てきます。満ち足りた笑顔はシミやしわが気にならないほど人間的な魅力を醸し出し、周囲にいる人たちを幸せにしてくれます。そんな素敵な女性を目指して、身だしなみとしての清潔な素肌を目指していただきたいと思います。多少シミ・しわがあっても美しい肌というものもあるのです。重要なのはバランスです。画一的な美しさに違和感を感じる方に共感して頂けると嬉しいです。

エイジングによる顔の変化

エイジングによるお顔の変化は個人差がありますが、大別すると3つのポイントがあります。

  1. 肌色の変化

    肌色を決める要素は、茶色のメラニンと赤色のヘモグロビンです。メラニンが増加してシミが目立つようになります。慢性的な炎症で毛細血管が拡張し、赤ら顔になります。キメの乱れや乾燥もくすんだ肌色の原因です。

  2. 肌表面の凸凹の変化

    なめらかだった肌表面に凹凸ができることで影ができます。
    ヒアルロン酸やコラーゲンが減少して毛穴やたるみが目立つようになります。表情筋の収縮も凹凸の原因です。

  3. 輪郭の変化

    卵のようにつるんとした輪郭が若さの象徴。皮膚だけではなく、筋肉や皮下組織の委縮が序々に輪郭の形態も変えていきます。こめかみや頬、顎のラインが凸凹に乱れます。

肌の内側ではこんな変化が起きているのよ。

50代シンデレラの具体的な悩みを見てみましょう。

50代シンデレラの気になること

  • コンシーラーで隠しきれないシミ
  • 細かい文字を読むたびに深くなる眉間のしわ
  • ファンデーションで強調される目元のしわ
  • 口の下までつながったほうれい線
  • なかなか消えない顔についた枕の跡
  • しわしわな首
  • 老人の象徴のようなイボジミ
  • つい目がいく手のシミ
  • 朝からくすんでどんよりした顔色
  • 今まで着ていた洋服が似合わない

50代シンデレラへの安心な魔法はこれ!当院のおすすめする治療法のご紹介

化粧品でシミ・しわが消えないのには理由があります

皮膚の大切な機能は外部の刺激から体内を守ること。良い有効成分でも浸透するのは角質層のみで、わずか0.02mm程度です。それに対しシミ・しわはさらに深部で起きているので根本的な改善につながらないのです。スキンケアが悪化の原因になっていることがありますので、今までのスキンケアが正しいか確かめましょう。

“隠す”努力は輝きを奪います!

シミにコンシーラー、くすみにしっかりファンデーション、おでこのしわは前髪で、首元はハイネックで… どれも女性の輝きを奪うものばかりです。隠す行動には何となく後ろめたさがつきもの。気持ちと身体はつながっているのです。隠すことをやめて素肌美への努力を始めるとキラキラと輝き出す女性ばかり。肌だけでなく内面からの輝きを…経験を積んできたこの年代の方にこそ目指していただきと思います。

長年おつきあいのシミは根本改善を!

ハッキリしたシミは長年メラニンが蓄積したもの。これ以上濃くしないための紫外線予防とスキンケアの見直しは必須ですが、それだけで薄くなる状態ではなくなっています。ポイントで取るならQスイッチルビーレーザーです。またシミのある肌は細胞がうまく生まれ変わらない角化異常を起こしていますので、肌全体のケアも必要でレーザーピーリングライムライトの併用がお勧めです。

老眼が始まるこの年代、目元のしわは老化の一途

眉間・額・目尻のしわは筋肉が動くことによってできるしわ。見る時に目を細めるようになるとしわの悪化が避けられません。また加齢で筋肉が縮みやすくなりますので、無表情のつもりが険しい表情になっていることも。不機嫌に見られることは、女性にとってとても残念なことですね。
筋肉を動かすことがしわの原因なので、自己流の表情筋トレーニングは危険です。意識的にお顔をリラックスさせてみてください。

しわ治療は進化しています!

肌のハリが序々に減り皮膚がたるみ、はっきりとしたしわになるのがこの年代。皮膚がたるんでしわになった部分に直接ヒアルロン酸を注入してふっくらさせることが根本的な治療です。注入治療はこの数年で進化しており、以前より安全に治療することができるようになりました。深いほうれい線は老け顔の象徴ですので、ヒアルロン酸注射は大変喜ばれています。目元のたるみぐまも治療できます。

“自然な美しさ”は一日にして成らず

長年の生活習慣で傷んでしまったしまったお肌を再生させるためには時間がかかります。でも50代の貴女はまだまだ遅いことはありません。1年かけてじっくりレーザーピーリング治療に通って下さい。目指すは10回です。お肌の変化を実感していただけると思います。「継続は力なり。」美容医療は続けるほど年齢を感じさせない素肌を造り上げることができます。