目の下のクマ

疲れて見えます、目の下のクマ

色グマ

若い時からクマを気にしている人は、残念ながら骨格や筋肉、皮膚など体質的な要素が強いと思われます。目の周りの皮膚は非常に薄いため、皮下のうっ血した眼輪筋が赤黒く透けて見えています。寝不足や疲労時に目立ちやすくなります。
色グマに対しては、残念ながら確立された治療方法がありませんが、クマの要素が色素沈着であればレーザーピーリングで薄くすることができます。

顔の血行を良くするために
  • 良く寝る
  • 目の疲れを溜めない
  • 首や肩のコリをほぐす
  • 水をたっぷり取る
  • お風呂やホットタオルで暖める
  • 目の周りのツボ押し
  • 貧血

などに気を付けてください。
アイシャドーやマスカラなど濃いアイメイクを繰り返すことにより色素沈着になることがあります。

影グマ

加齢とともに目の下がたるんだり凹んだりすることで凹凸が生じ、影が目立つクマを“影グマ”といいます。これは目の周りの眼輪筋がたるみ、眼窩脂肪が前方へ飛び出し、頬の脂肪が下垂するなど、解剖学的な加齢変化が原因です。目を擦ったり、目の周りの皮膚をマッサージし過ぎないよう気をつけましょう。
影グマに対しては、加齢による形態の変形を滑らかに修正するために、ヒアルロン酸注入を行います。

おすすめの治療(詳細)

レーザーピーリング

院長が美容医学を学んだ“北里研究所病院美容医学センター”で1999年から行われていた第一世代の“肌の若返りレーザー”です。QスイッチNd-YAGレーザーで、脱毛用、レーザーフェイシャルピーリング用として…
くわしく見る

ライムライト・アキュチップ

光治療には様々なブランドや機械の種類があります。ライムライト・アキュチップは開発の段階から日本人医師が監修、日本人の肌トラブルに対し、最適かつ最善の効果を導き出す新しい光治療です。…
くわしく見る

ヒアルロン酸注入

非動物性由来のムコ多糖類であり、アレルギー反応が極めて少ない(0.05%未満)と言われています。アレルギーテストは不要ですが、絶対にアレルギーが起こらないものではありません。粘性が高く隆起効果の高いものから…
くわしく見る