院長ブログ


ロシアを訪ねて

今年の夏休みはロシア旅行でした!

モスクワとサンクトペテルブルグ2都市を巡る旅です。

16年ぶりのツアー旅行でしたが、参加人数7名に添乗員付の至れり尽くせりツアーでして、すべてお任せ~の楽チン旅行でした。

エルミタージュは学生の頃から気になっていた場所でしたし、今回はロマノフ王朝について知りたくて訪れました。

サンクトペテルブルグの場所はご存じですか?

革命後はレーニンにちなんでレニングラードとも呼ばれていました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

フィンランドに近いバルト海に面した、北緯60度にある都市です。

革命前はロシア帝国の首都でした。

300年前、有名なピョートル大帝が、何もない湿地帯に建設した人工都市です。

自然の厳しい最果ての地に、よくもこれだけの文化・芸術を集めたものです。

ピョートル大帝がヨーロッパ視察をしてから、(当時田舎だったと考えていた)ロシアを脱却すべく。イタリア・ドイツ・フランスなどから建築家や美術家を呼んで作らせたそうです。

時代はちょっと違いますが、明治維新から文明開化の明治時代を彷彿させます。

宮殿に使う大理石等の石は、イタリアやフランスから運んできたそうな。

冬は零下30度の世界ですよ!

工事は過酷を極めたに違いありません。

それなのにエルミタージュを始め、あちこちの宮殿や礼拝堂のゴージャスなこと!!

建物自体も凄いのですが、調度品・衣類・宝石・馬具・馬車・絵画・彫刻・・・よくぞここまで集めました。

ポイントはヨーロッパ文化を模倣して作ったものなので、ハプスブルグ家の豪華さとは何かが違うのです。

何もかにもがtoo muchで、人生断捨離の私は息苦しくなりました。

人間って本当に欲深いものですね。

現代とは規模が違い過ぎて比較になりませんが。

これら世界遺産のおかげで、世界中から観光客が集まり、ロシアには多大な恩恵をもたらしていることでしょう。

しかしその陰には、多くの市民の犠牲があったことは間違いありません。

だからこそ革命が起き、しばらく社会主義国家が続いたのであります。

 

実は1991年、大学1年生の夏休みに家族旅行でソ連に行きました。

この時は東のソ連、ハバロフスク、マガダン、ペベックというマニアックな都市を巡りました。

ソ連時代は物資が本当に何もなく、お店は商品もなければ活気もなし。

街中にはウォッカを飲みながらビンを投げつける酔っぱらいのおじさんがあちらこちらに。

断水当たり前、お湯も出ないので、10日間お風呂に入れずじまい。

食事中はハエがぶんぶん飛び回り、払いのけるのも諦めてハエと共にお食事。

シベリアの広い大地でピクニックをしたり、砕氷船に乗ってガンガン氷を砕いたり・・・

若かりし日の私には鮮烈な印象ばかりが残っています。

そして帰国直後にソ連崩壊、ペレストロイカです。驚きました。

あれから26年。

時代の変化や国によって価値観が異なります。

命の危険に晒されない平成の日本で過ごせることを有難く思います。

普段当たり前に思っていることが、世界へ出ると日本基準が特殊なことが良く分かります。

海外へ行くと、自分の立ち位置を再確認できるのがいいですね。

 

 

 

 



プレゼント

先日誕生日を迎えました。日本酒好きな私のために、スタッフがお猪口セットをプレゼントしてくれたのがこれ。

おちょこセット

みんなそれぞれ趣味の違うものを用意してくれました!

スタッフと時々飲みに行くのですが、多種類の日本酒を同時に味わいたいので、種類の異なるお猪口が複数必要なのです。

眺めているだけでも嬉しくなります。ありがとう!

 



政治を考える

元大阪市長・橋下徹氏の講演会に出かけました。

 

緊急提言

未来を切り開け!「リーダー」が果たすべき役割

~橋下改革の経験を通して~

 

先日の都議会議員選挙で圧勝した都民ファーストの会、小池百合子さん。

元大阪府知事であり大阪市長を務めた橋本氏ならではの切り口で、東京と大阪を比較しつつ、今後の都議会のあり方についてお話しされました。

これからのリーダーの役割は、『組織を作ること』を強調していました。

組織のあり方で、視野・戦略・実行力が変わる。

東京都長期ビジョンという政策はずっと前から出来ているのに、東京都は仕事が多すぎて意思決定ができない状態にある。

豊洲移転問題についても前都知事は「そんなこと知らないよ」でしたから。

猛スピードで時代が変わっているにも関わらず、明治維新で作られた中央集権国家という役所組織が続いているせいで制度疲労を起こしているのが問題と言っていました。

合理的に考えて改革しようと思っても、既得権をもっている議員たちの猛反対でなかなか事態は解決しない。

だからこそ、今回の都議選でがらりと都民ファーストが占めたことは、小池さんにとっては大躍進だったのですね。

票集めしないと改革はできないということです。

そして「政治は殺し合いだ」と何度も繰り返して言っていたことが気になりました。

自分の既得権を守るために、抜き差しならない死ぬか生きるか(現代では実際に死にませんが)の戦いが繰り広げられている政治の世界。

ぞっとしちゃいました。

いつも理想の世界で生きている私には、あまりにもドロドロし過ぎて嫌になっちゃいます。

政治には興味があり、いろいろ知りたいし関わってみたいとは思いますが、足を引っ張り合い、憎悪渦巻く環境に身を置くのは御免です。

だから同じ女性として小池さんってすごいタフな人だと、ある意味尊敬しますね。

そして、橋下氏の強烈なパワーを肌で感じ、何だか元気が出ました。

私と同世代なのに、こんなにもパワフルに生きている人を目の当たりにすると、まだまだ頑張れそう!って思うのです。

私、影響されやすいので、ものすごく単純なのです。

今日の夕方は大事な打ち合わせがあって、朝からテンション低くてどうしよう・・・と困っていたのですが、橋下氏の話を聞いてやる気が湧きました。1,000人以上でしょうか、すごい人数を相手に堂々と流暢に話す姿に恐れ入りました。話はとっても上手です。引き込まれます。TVから受ける印象とは別物です。やはりライブは良いものですね。

お蔭様で夕方の打ち合わせは良い方向にまとまりました。

そして夜の筋トレではベンチプレスの回数更新!

HAPPYな一日に感謝!!

 



応援したくなるお店

当院の斜向かいにあるお寿司屋さん。

近くて便利なので、時々接待などで利用しています。

2009年オープン時は、大将と奥様だけでやっていましたが、今ではなんと総勢5人に!!

小僧さん2名とホールのお姉さん1名が加わりました。

しかし何故か騒々しさも感じることなく、淡々とお仕事をされています。

座席数カウンター9席のこじんまりしたお店なのですが、行く度に何か成長を感じます。

今年初めに改装し、お店はいつも小奇麗です。

お休みは月曜日だけ。

そのお休みの日も、新鮮な発見を求めて他のお店に食べに行くとか。

料理人は探究心が強いですよね。

 

頑張っているな、成長しているな、と感じるお店は応援したくなります。

度々行きつけていると、顔なじみになるので安心感もあります。

初めてのお店に行って何か発見する楽しみもありますが、気に入ったお店をリピートするのも居心地が良くホッとします。

当院もそんなクリニックでありたいと願います。

スタッフ全員が、お客様の好みや性格を理解し、個々に応じたサービスを提供し、“笑顔”とありがとう“”に満たされるクリニック。

そんな温かい雰囲気で皆様をお迎えいたします!

 

 



信頼関係

スタッフと親睦を深めるために、仕事が終わってから食事会をしました。

全員が集まるのは誕生日会や忘年会ですが、時々個別に話を聞く機会を持てるよう少人数で出かけます。

昨日は3人でじっくり語り合いました。

こういう機会はクリニックを運営する上で非常に大切です。

個人個人の思いや大切にしていることを、お互いきちんと伝える努力が必要です。

私が仕事をする上で一番大切にしていることは、スタッフや患者様との信頼関係を築くこと。

信頼関係さえあれば、大抵のことは上手くいくはずです。

しかし、この信頼関係というのはなかなか難しいのも事実。

築き上げるには長い年月がかかりますが、失うのは一瞬です。

そして一度壊れると、回復させることは容易ではありません。

だからこそ、日頃からお互いが信頼できるよう約束は守り、相手を気遣う努力が必要なのでしょう。

信頼できて信頼される相互関係は、何とも気分が良いものです。

 

スタッフから大変嬉しい言葉をもらいました。

「先生みたいなお母さんが欲しかったです!」と。

私自身は母親としては足りないところが多々あり、自信を持てるような振る舞いは到底出来ていないので、この意表を突いた褒め言葉に激しく感動してしまいました。

こんな一言で、私は1日中気分よく過ごすことが出来たので、言葉のパワーってすごいなあと思います。

お世辞ではなく、素直に感じる良いことはどんどん言葉にしたいものです。