院長ブログ


論語と美容

大河ドラマ「青天を衝け」をご覧になっていますか?

江戸幕末から明治にかけて活躍した、実業家・渋沢栄一のお話です。

この時代は激動の時代で、登場人物も素晴らしく、ワクワクしちゃいます。

渋沢は農民(豪農!)出身ですが、幼少期から四書五経を学び、商才に長けた賢い人でした。

混乱する幕末期には、尊王攘夷派として血気盛んな若者でしたが、縁あって一橋慶喜の家臣となります。(尊王攘夷から幕府側へ??)

フランス皇帝ナポレオン三世より1867年パリ万博に招待され、慶喜の弟・徳川明武と共に、ヨーロッパに1年ほど西欧の最先端を学びに行きました。(この時代に外国へ行くなんて、相当のエリートですよね。)

明治維新により帰国後、大蔵省に入り、新しい日本の国づくりに活躍。

5年ほど勤めた後、大蔵省を辞め、実業界へと踏み出します。

欧米列強と競い合い、国を豊にしていくためには、正しく利益を出す経済活動をすべきだという理念がありました。

私利私欲ではなく、国全体を豊にするために一生を捧げた渋沢栄一は、銀行や保険会社、電気・ガス会社、ホテル、鉄道会社など約480社もの設立に関わりました。

まさに、実業界の父と呼ばれるにふさわしい活躍を続けていきました。

 

彼の著書である「論語と算盤(現代語訳)」には、今まさに私たちのあるべき姿の見本となることが、とても分かりやすく書かれています。

渋沢の行動規範は、孔子の「論語」です。儒教の教えですね。

私が研修医の時に出会った先輩医師は、日頃の臨床医療現場において、孔子など古典の教えを散りばめて教えて下さいました。

恥ずかしながら、20代半ばであまり中国古典など触れたことがなかったものですから、全てが新鮮で知識欲が湧きたちました。先輩医師に馬鹿にされないよう、言われたことを書き留めて、後で復習していたほどです。

◎小人閑居して不善をなす(暇な医者はろくなことをしない)

◎学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば即ち殆し(学びも実践も大切だよ)

◎巧言令色鮮し仁(調子のよいことを言う人には気を付けなさい)

◎君子の交わりは淡きこと水の如し。小人の交わりは甘きこと醴の如し(さらりとした付き合いが大切だよ)

◎天網恢恢疎にして漏らさず(天は悪い行いを見逃さない)

 

江戸時代の武士や上流の百姓町人は、皆中国古典の教育を受けていました。

その目的は「心を磨くこと」

心を磨けば、自ずと自分を磨くようになり、家族をまとめ、国をまとめ、天下を安定させることにつながります。

 

心の教育・・・

私は子供を産んだ頃、幼少期に漢詩を「素読」させると前頭葉の回路が発達して、生きる力が身につくということを知りました。カレンダ―の裏にマジックペンで大きな文字で漢詩を書き、寝る前に娘と音読したことがあります。意味は全く分からなくても良いそうです。3歳の頃には、般若心経も丸暗記しました。小学生の頃には、平家物語や竹取物語など日本の古典も諳んじていました。そのせいか分かりませんが、20歳になる娘はとても優しい心のあるバランスの取れた人間に成長したと、親として非常に嬉しく思っています。自慢ぽくてスミマセン

 

原点回帰すべきは古典ではなかろうか?

「論語と算盤」には、人間としてあるべき姿を的確に書かれています。

この点は、当院の経営理念にも取り入れられる内容だと思いました。

 

「自分磨き」と聞いて、何を思い浮かべますか?

エステ、ネイルサロン、美容医療・・・といった、外見を取り繕うことを「自分磨き」と取り違えているようでは、日本はお先真っ暗です。

心を磨き、人格を高めるためのサポートとしての美容医療でありたいと思います。



春はお肌の衣替え

今年も新緑祭りが始まりました~

春はお肌の衣替え

「肌ルネクリーニング」でございます。

日ごとに芽吹く若葉のような勢いで、お肌もグングン再生させましょう

クリーニング屋さんのパロディでエプロンを作ってみたのですが、

「保母さんですか?」と言われています

 

ここ数日は寒の戻りでしょうか、少々肌寒く感じます。

春先に冬服を着ると、気分が滅入るのは私だけでしょうか。

黒色や素材が厚手のものはテンション下がります。

気持ちは春に向かっていますので、冬服はクリーニングに出してしまいました。

衣替えの時には、必ずお洗濯するかクリーニングに出しますよね。

ならば、お肌もクリーニングして、爽やかな春を迎えませんか?

衣類は丁寧にメンテナンスを続けると、10年経ってもキレイな状態を保つことができます。

私は15年以上前に購入した洋服を今でも大切に着ています

皆さまのお肌も定期的にメンテナンスすることで、いくつになっても清潔感のある上品なお肌を維持することができます

お顔は変えが利きません。1点モノですので、ビンテージ顔を目指して下さい

熟練の職人手仕上げから機械式標準仕上げまでご用意して、白金でお待ちしています。

肌ルネクリーニング 店主 山口麻子

 



お伊勢参り

念願のお伊勢参りを果たすことができました!

2015年に出雲大社を訪れてから、神話の世界に興味を持ち、それならば外せないのが伊勢神宮。

日本人の精神性、日本人とは何か?を感じるためにも、絶対に外せないスポットです。

平成から令和に変わった2019年に行く予定でしたが、家族の病気で中止になってしまい、2020年にはコロナ禍でそれどころではなくなりました。

やりたいことはやる!山口麻子です。

緊急事態宣言明けに早速GO.

初日は小雨の中、下宮参拝。

人はまばらで、思ったより小規模だったものですから、「え?これが伊勢神宮?」と感じるほどでした。

 

そこから電車で賢島へ。

2016年にサミット会場だったところです。

私は賢島がひどく気に入りました

こじんまりとしたホテルに滞在しましたが、貸切露天風呂で、食事も個室。

他のお客様には全く会うことのない空間でした。

部屋の窓から眺める英虞湾の景色と、きれいな空気。

騒音一つない静寂な世界。

聞こえるのは鳥のさえずりのみ。

窓を開放して、ひんやりとした空気に触れ、鳥の鳴き声とスロージャズのミックスバージョンを浴びながら、最高の気分を味わいました。

ああ、幸せだ、何て心地よいのだろう

夕暮れのだんだん群青色に染まる空を見上げながら、この上ない幸福感に包まれました。

東京では決して味わえない世界。

命の洗濯、大切です。

 

翌朝、再び伊勢神宮・内宮へ。

昨日と打って変わって青空となり、お昼ごろの到着時には人・人・人。

人が多すぎて、賢島のような静寂さは味わえませんでした。

江戸時代はお伊勢参りが庶民のブームになったほどですから、立派な観光地です。

ガイドさんに案内してもらいながら、内宮を歩き、参拝したり、ご神木に触れたりetc.

 

紀元前93年、第10代天皇である崇神天皇の時代に、全国で疫病が蔓延し、多くの人が亡くなりました。

これを皇居に祀っていた天照大御神の祟りと考え、疫病を鎮めるために天照大御神を皇居の外に出すことにしました。

すると間もなく疫病は治まったそうです。

紀元前5年、皇族である倭姫命(やまとひめのみこと)が、天照大御神を祀る場所を探し、伊勢神宮内宮に鎮座することになりました。

ナント、2000年以上前のお話です。

その500年後、衣食住を司る神、豊受大御神(とようけのおおみかみ)が外宮にが鎮座することになりました。

 

伊勢神宮の式年遷宮は、2013年に行われましたので、まだ記憶に新しいと思います。

お社だけだと思っていたら、橋や鳥居まで全て20年毎に新しくしているとか!!

690年に第一回以来、1300年にわたり続いているのですから驚きです。

南北朝時代に120年ほど中断されたようですが、それ以外は20年毎に行われ、2013年の遷宮は第62回とのこと。

日本皇室の歴史の厚みに驚かされます。

誰から強制されることもなく、ただただ伊勢に足を運びたくなる日本人。

私たちがどういう歴史を辿ってきたのか。

何を大切に暮らしていたのか。

日本人にとって天皇家とは?

これからどのような国(社会)にしていきたいのか。

などなど、考えされられます。

 

和を以て貴しとなす日本、私は大好きです。

礼儀正しく、清潔で、困っている人がいたら助ける。

勤勉で親孝行。

謙虚で誠実。

素晴らしい日本人の精神性は世界に誇れるはずです。

 

 

 

 

 



カラダも省エネ

このところすっかり胃腸機能が低下し、めっきり食が細くなりました。

お通じも不規則

久し振りに胃カメラ+大腸内視鏡検査を受けました。

前日の下剤服用で深夜に七転八倒し、生気までトイレに流され、虚脱。

70歳くらいになって、この術前処置はかなり厳しいのではないかと怯えながらも、残渣が残らないように朝から指示通り下剤を服用。トイレに駆け込むこと10数回。神様ぁぁぁ・・・

今までにも2回受けた検査ですが、この術前処置があまりにも辛いので、今回は自宅近くのクリニックで検査を受けることに。

知り合いのドクターではありませんが、信頼できると直感した内視鏡専門の先生にお願いしました。

静脈麻酔で眠りながらの検査

検査中、最後の方にうつらうつら覚醒しましたが、検査自体は全く辛くなく、麻酔からの目覚めも良好

1時間ほど休んでから帰宅となりましたが、気分はスッキリ

 

大腸に2つポリープが見つかりましたが、検査結果は良性です。

「胃がめちゃくちゃキレイですよ。ピロリ菌に感染したことのない胃ですね。このまま一生問題ないと思いますヨ」と大そう褒められ、気分上々。

 

器質的な胃腸問題は無いと分かりましたので一安心。

ということは、やはり加齢による消化機能低下なのでしょう。

消化酵素の分泌が低下したり、腸管の動きが減少したり、体も省エネに出来ていますよね。

燃料(食事)も少しあれば十分動けます。

現代は飽食の時代。

欲望のまま食べることは肥満や病気の元。

栄養バランスを考えながら、野菜を中心に摂りましょう。

ワカメなど海藻類、キノコ類も忘れずに。

豆類や肉・魚からタンパク質をしっかりと。

炭水化物はGI値を考えながら控えめに。

スイーツやスナックなどの脂質や糖質が多い間食は控えめに。

食べるものが、お肌やカラダを作ります!

 

ファンデーションに頼らないスキンケアは、肌色を誤魔化すことができません。

ご自分の肌と向き合い、胃腸と向き合い、どうすれば良いコンディションでいられるか?を感じてみて下さい!

 

 



家族愛について考える

仕事柄、いろいろなタイプの女性と接することが多く、女性の生き方・仕事・結婚・家庭・老後について考えることがあります。

私なりの感性で分析したところ、幸せそうな女性は「夫婦仲が良い」という共通点があることに気づきました。

※個人の感想です。

何をもって幸せオーラを出しているのか?を考えてみると、以下のようなことが思い浮かびます。

・笑顔

・優しさ、思いやりの心

・優雅、ゆとり

・チャーミング

・所作が丁寧

最も身近な人との人間関係が良好だと、心の安定が得られるのではないでしょうか。

その確固たる安心感がベースにあると、幸福感が得られるのではないかと考えます。

子供も親の絶対的な愛を感じるからこそ、すくすくのびのび成長できます。

人を愛し、愛される関係は、親子だから、夫婦だからといって自然に育まれるものではありません。

性格の不一致や価値観の相違などから、良好な関係を築けない家族話もたくさん聞きます。

家族愛は相手を思い、努力するからこそ形成される無形資産です。

身近な存在だからこそ、遠慮なく傷つけてしまい、関係が破綻してしまうこともしばしば。

親しき仲にも礼儀あり、を肝に銘じておきたいものです。

 

私の両親は、大恋愛の末、駆け落ち結婚したというドラマティックな展開。

若い頃、一緒に旅行したりゴルフをしたり、子供の私からみても仲の良い夫婦だと思っていました。

いつも家族4人で行動する仲良し家族で、私は幸せな幼少時代を過ごすことができました。

この土台があったからこそ、好きなことにチャレンジできる人生が得られたと、両親には心から感謝しています。

しかし、高齢になってすっかり不仲になってしまいました

母が一方的に父を嫌っているので、家族みんなで集まることも難しくなりました。

母はもともと大らかな性格で、人のことを嫌ったりする人ではなかったのですが、3年前に病気をしてからすっかり性格が変わってしまいました。

結婚して50年以上経ち、2人の間にいろいろな出来事があったのでしょう。

70歳以上になって、夫婦関係を修復する努力は無理・・・

でも、もうそれでもいいのかな?と思えるようになりました。

「子供には恵まれた」と言ってくれますから。

ああ無常!

 

何かのご縁で築き上げることができた家族を愛し、大切に守りたいと思います。