院長ブログ


ノーメークOK

とうとう素肌ルネサンスの時代到来です!

イギリスの航空会社ヴァージン・アトランティックが、お化粧しないでも勤務OKにするとのことです。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/virgin-atlantic-make-up-free_jp_5c7de4b4e4b069b2129f07ff

イギリスはいろんな意味で時代の先端を走っているなぁと以前から感じていましたが、すっぴん勤務可能にしたことも超カッティングエッジ 尊敬の念すら覚えます。

ボヘミアンラプソディーが大ヒット中のQUEENもイギリスのバンドです。今の時代だからこそ同性愛について受け入れられ公言できるようになりましたが、40年前はかなりタブーだったのではないでしょうか。

イギリス王室もかなり進んでいると思いませんか?不倫だのスキャンダルもあり、離婚したり再婚したり、外国人と結婚したり、日本の皇室では考えられないようなことをさらりとやってしまいます。発想が自由ですよね。

 

私がずっと思っていたことですが、

化粧する=きちんとしている

というのは思い込みであり、化粧しないとだらしない人とみなす習慣はおかしい

社会人は化粧しなければならないという社会通念は幻想だと言いたい。

世の中には肌が弱くてお化粧品を塗ることすらできない人だっています。

個人的な嗜好から、化粧することに違和感を感じる人だっている。

メークをすることで女性を強調し、女を売るアピール道具のようで嫌だと思う人もいます。

いろんな理由でお化粧したくない女性だってたくさんいるのに、「女は化粧するべきだ」という押し付けられた固定観念を社会に蔓延させるのは、多様性を認め合う現代にそぐいません。

お化粧品は嗜好品だから、したい人がすればいいし、したくない人はすっぴんでいい。

ただ、

すっぴん=だらしない人

では困ります。

最近はどんどん服装がカジュアルになり、どこでもジーンズというスタイルの人もいますが、やはりTPOというのはあって然るべき。

姿勢や所作にもだらしなさが出てしまいます。

言葉遣いにも品性が表れます。

きちんとするには、バランスよく気配りすることが大切。

自分自身も周りの人も快適な美容をご提案していきたいと思います。



人を幸せにするボトックス

当院のスタッフは、定期的に表情ジワに対して「ボトックス」注入を受けています。

もちろん施術者は私。

知らず知らずの間に寄ってしまう表情筋。

本人は気にしなくても、その表情の動きが、見ている相手に対してストレスになることをご存じですか?

不機嫌な表情、怒った表情、困った表情、驚いた表情など、過剰な表情筋の動きは、はっきり言って「不快」な印象を与えます。

だから、スタッフの表情が気になったら治療しています。

すると、魔法のように生き生きとした明るい表情がよみがえります

シワが寄らないだけではなく、肌の質感も艶やかにきれいになります。

 

患者さんに対しても、私が気になる表情を見つけたら、容赦なくお伝えしています。

眉間やおでこに刻まれだしたシワ。

「前髪を垂らして隠しているから大丈夫です♪」とおっしゃる方は後を絶ちません。

前髪を垂らしても、表情は隠れません

一生懸命メークをして取り繕うよりも、表情を明るくする方が、自分を良く見せる方法として効果的なのです。

だから、いつも口角を上げて笑顔でいられるよう、心を整えることも大切ですね。

 

知人の男性が、無意識のうちに出てしまう険しい表情を気にしていたので、ボトックスを打ちました。

彼は優しい表情になり、周囲の評判もすこぶる良いとのこと。

それなりに社会的な立場がある人ですと、怒っているのかと思われて敬遠されてしまうのが悩みでした。

表情のコントロールで、周囲との関係が改善され、彼はとても喜んでいます。

 

他にも学生時代の同級生が、悩み事で深くなってしまった眉間のシワを気にしていました。

辛いことや悲しいことがあると、ついつい眉間に力が入ってしまいます。

彼女にもボトックスを打ちましたが、目がぱっちり開いて表情がシャッキっとしたことを大変喜んでおりました。

 

最近、改めてボトックスで幸せになる人が多いと感じる出来事が続きましたので、ボトックスの振り返りをしてみました。

 

そろそろ春の足音が聞こえてきます。

表情と心を整えて、新しい一歩を踏み出してみませんか?

 

 



整理整頓

今年に入り、自分にとって何が快適か?を考えました。

その答えは、「整理整頓されたモノの少ない環境で暮らすこと」です。

4人家族で暮らしていますと、どんどんモノが増えてしまいます。

我が家は男性2人(夫・息子)がどんどんいろんなモノを買ってきてしまうので、それがかなりストレスです。

買ったものはほとんんどゴミになってしまうので、良く考えて、すぐに買わないように教えているのですが、なかなか上手くいきません。

無駄にすることに罪悪感を感じてしまう精神は、娘には少し伝わっているようです。

 

1人で片付けをしていると、袋小路にはまってしまいます。

手が止まり、また今度・・・の繰り返し。

この状態から抜け出したく、「整理収納アドバイザー」にお部屋のお片付けを依頼しました。

人任せではなく、一緒に部屋を片付けます。

この資格について調べたところ、ハウスキーピング協会というものがあり、その協会が認定している民間資格のようです。

ハウスキーピング協会のホームページには、「家事という労働を正当に評価される仕事として普遍的価値を高めることは、主婦の地位を高める事にも通じる重要な現代の課題だと考えます」とあります。

整理収納には理論やコツがあり、それを学んだ人(主に主婦)が仕事として一般のご家庭における部屋のお片付けを手伝っているそうです。

私はネット検索で、感じの良さそうな女性を探して直接連絡を取りました。

1回5時間のコースで、すでに2回利用しています。

これが思いのほかはかどりまして、不要な荷物をどんどん処分し、きれいに見やすく整理整頓されていきます。

箱や紙袋を上手に再利用して、収納棚を作ってくれます。

足りないものは採寸して、100円均一で収納カゴを買ってきてくれます。

見てすぐに分かるよう、何が入っているかを見出しとして書いてくれます。

どんどん片付くことが快感になりました。

今年は月1回くらいのペースでお願いしようかと考えています。

 

子供の時から、我が家の家訓の一つが「整理整頓」でした。

父親が「整理整頓」の文字を書いて、壁に貼ってありました。

完璧ではありませんが、私なりに整理整頓は好きな方だと思っています。

帰宅して、脱いだ服はすぐにたたんだりハンガーに下げてクローゼットにしまいます。散らかすのは好きではありません。

今の私にとって必要なことは、整理整頓されたキレイな自宅で、ジャズでも聞きながらコーヒーを飲んで犬を膝に乗せて読書すること

 

お酒を飲まなくなったので、夜が長くなりました。

リラックスして過ごしたいものです。



謹賀新年

平成31年を迎えました。本日診療初日です。

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたか。

 

私は1週間、ずっと東京におりました。

読みかけで放っておいた著者ユヴァル・ノア・ハラリ氏の「サピエンス全史上下」を読み終え、これから激動の世の中を想像しワクワクしています。

人工知能は知性を超えるか?人々は不老不死を追い求め、遺伝子を書き換えるようになり、超人になる!のようなSFの世界が現実となるのでしょうか。

人間の欲望は天井知らずで、これからも科学技術の進歩は止まることがないのでしょう。

思い返せば、飛行機は空を飛び、ヒトは月面着陸し、宇宙旅行が可能になり、インターネットで世界が瞬時に繋がるようになりました。

蒸気機関車、電気、原子力など爆発的なエネルギーを生むことが可能になりました。

江戸時代の人々には想像もできなかった世の中に生きています。

これからも信じられないようなことがどんどん現実化するかと思うと、100歳まで長生きして行く末を見届けようではないか、という気持ちが強くなりました。

 

反面、大晦日には紅白歌合戦が今もなお放映されており、ゆく年くる年の除夜の鐘も変わりません。

人々は神社で初詣、行列をなしてお祈りします。

恒例のおみくじでは大吉や小吉にドキドキしたり。

寒い中、甘酒を飲んだり

これらの習慣を見ていると、40年前自分が子供の頃と大した変りはなく、これほど科学技術の進化が叫ばれているSFのような社会とギャップを感じてしまいます。

実はヒトの根本は、それほど進化していないのではないだろうかと。

 

 

さて、とうとう平成も終わりに近づいています。

私にとって平成とは、ずっとエキサイティングな時代。成長の時代でした。

ぎりぎり40代の私は、高校生時代に昭和から平成に変わりました。バブルでした。

平成に入ってから、医学部に入学、医師国家試験を受けました。

コツコツ貯金をして、自分のクリニックも開院しました。

リーマンショックも東日本大震災も経験しましたが、何とか診療を続けることができています。

患者数もスタッフ数も少しずつ増え、今でも日々学ぶことばかりです。

有難いことに結婚、出産、育児も経験しました。

振り返れば、家庭を維持するためには家族間の衝突や辛いこともありました。

それでも、2人の子供と1匹の犬はかけがえのない存在で、その肌や毛並を見ているだけで愛情が溢れます。

仕事や家庭生活を通じて、歴史・宗教・哲学・心の問題など必然的に興味が湧き、今なお学び続けています。

人生、生涯学びです。学ぶことは楽しい。いくら時間があっても足りないと思ってしまいます。

 

お正月休みは、じっくりと内省する時間を取ることができ、非常に満足度の高い休日を過ごすことが出来ました。

今年は頭も体も柔軟性を高めたいと願います。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

山口麻子

 



平成30年振り返り

2018年、平成ファイナルライブ診療を無事終えることができました。

開院13年目の12月、過去最高に楽しく充実した診療を行うことが出来たと感じております。

 

今年11月の社員研修で気付いたこと。

私個人が大切にしている価値観は、「人間関係が上手くいくこと」です。

自分自身の人生曲線を描いて、アップダウンがピークの時の出来事を振り返るのですが、その出来事が自分の価値観を左右する大きな問題だということ。

これは人それぞれ違います。

当院スタッフの大切にしている価値観は、「自由」「家族」「仕事」などなど。

私は「人間関係」でした。

その対象は、家族でも友人でもスタッフでもお客様でも恋人でも、何でもです。

今年は、その「人間関係」が円満になるよう意識して努めた成果が出たようです。

 

1.基本は家庭円満です。

やや手のかかる中学3年の息子には、夫を巻き込んで丁寧に向き合うよう心がけました。

少しずつですが、息子の変化を感じることができました。

また、両親や親戚に対して少しでも役に立てるよう行動しています。

 

2.職場の人間関係を良くせず、良い仕事はできません。

ミーティングや研修、食事会を通じて、私自身の思いを繰り返し伝えました。

スタッフ同士が信頼できるよう、お互いの思いを伝える方法を学び実践しました。

個人個人のスキルアップに自ら取り組みました。

 

3.美容医療は幸福の医療です。

人の印象は「表情」で決まります。

肌をキレイにする治療を通して、1人ひとりのお客様の最高の笑顔が見られるよう心がけました。

治療はもちろん、心を豊かにする医療ができるよう意識しました。

 

4.友人を大切に。

学生時代の友は、利害関係のない貴重な存在です。

そして、友人関係を育むことは、子育てと同じように時間がかかります。

数は少なくても、本当に大切な友人との付き合いを丁寧に続けていこうと思いました。

 

もちろん良いことばかりではありませんが、人との繋がりや絆という無形の価値を高めることが、今の私にとって幸福感に繋がっているのだと思います。

徒然なるままに、今年の振り返りをしてみました。

 

皆さんの大切にしている価値観は何でしょうか?

 

色々な意味で、本年もありがとうございました。

良い年をお迎えくださいませ。

 

山口 麻子