院長ブログ


注入治療を考える

秋は学会の季節。10月3日~4日と、東京ベイ舞浜ホテルにて『日本美容外科学会』が開催されました。

私が初めてこの学会に参加したのは1999年ですから、20年も前だったということに大変驚きます。

学会に参加すると、ユニークな治療をしている先生のお話を聞くことができるので、新情報を仕入れることができます。

今回も、ハッとするような治療方法を知り大興奮。さっそく試してみたいとワクワクしながら帰宅しました。

患者さんへの治療ができるようになりましたら、改めて報告したいと思います。

 

20年を振り返ってみると、新しい治療を知って試したものの、長続きしなかったものもありました。

メソセラピーという、皮膚の浅い層にヒアルロン酸やビタミン剤などのカクテル製剤を注射する方法もあります。

いろいろやってみましたが、患者さんに安定して受け入れられるのは定番の『ボトックス』と『ヒアルロン酸』です。

メソセラピーの中で唯一リピートされる治療は『マイクロボトックス』という、ボトックスをごく少量皮内に入れる治療です。

顔から首にかけて200か所以上注入するので、直後はカエルの卵みたいになってしまいます。(すぐに治ります)

美意識の高い人向けの上級治療ですが、皮膚が滑らかになり、引き締まるので、お好きな方には大変喜ばれます。

 

針を使う治療は、どうしてもハードルが高くなりがち。痛いからなのか、怖いからなのか。

ところが、針を使わずに薬剤を皮膚に浸透させる機器を見つけてしまったのです!!

これが上手くできると、注入治療の可能性がぐっと広がります。

フェイシャルだけではなく、薄毛治療にも応用できます。

 

美容医療は創意工夫とチャレンジ精神が大切だということを、改めて実感した学会でした。

 

 

 

 



素肌の可能性は無限大

患者様がハワイで結婚式をしたとの報告を受けました。

素肌美人の彼女は、結婚式でもファンデーションを塗らず、素肌を貫いたそうです!

ウェディングプランナーの人にはお肌を褒められ、大変驚かれたとのこと。

いや~、彼女の潔さに感服しました。

 

我々のように、普段からファンデーションなど化粧一切やめていると、何か塗っている状態が不快で塗れなくなります。

化学調味料を使った料理を摂取すると気持ち悪くなるのと一緒です。

やっぱり素肌が一番

 

他にも、大手企業の管理職の方々や、客室乗務員の方でも、ファンデーションは塗らずに口紅などポイントメークで十分きれいな素肌で優秀な女性もいらっしゃいます。

そういう女性たちを見ているからこそ、私は自信をもって素肌になることをお勧めしています。

社会的な不利益を被ることはありません。

「化粧をしないなんて社会人として失格」とか、「女を捨てた」などと言う人がいますが、あまりにも視野が狭すぎるものの見方です。

化粧をするのではなく、素肌をきれいに整えることが大切です。

私たちは20年近く素肌をキレイにする方法を考え実践して、積み上げてきたノウハウがあります。

もっとたくさんの人たちにこの方法をお伝えしたいので、微力ながらそのプロジェクトを今春から進めています。

完成は来春予定です!



心地よいお店

スタッフの誕生会をお寿司屋さんでお祝いしました。

先日別件で、ネットでお寿司屋さんをリサーチして出かけたのですが、なんと久々に大外れしてしまいまして、、、

その苦い経験がありましたので慎重に選びましたところ、今回は大当たり

すべてが素晴らしく調和のとれたお店でした。

本当に気分の良い時間を過ごすことが出来たのはなぜだろう?と考えてみました。

・人間味のある優しい大将

・当然絶品のお鮨

・清潔な店内

・真面目にテキパキ働くスタッフにより、一度も「すみません~」と言うことがなかった。

・心地よいボリュームの会話(誰も大騒ぎしません)

・急かされず、待ち過ぎないテンポの良い食事

・一緒に楽しむメンバー

私はどうしても、経営者目線でお店を観察する習慣がありますが、それにしても大変勉強になるお店で、心地よい余韻がいまだに残ります。

 

そして、日本酒好きの私にはたまらない出来事が!!

なかなか出会うことのできなかった「十四代」がありました

『中取り 純米吟醸 播州山田錦』

とてもフルーティーで甘く濃いお酒でした

これだけチビチビ飲んで味わいたいお酒です。

まったく期待していない時に、ふと出会うものですね。

初十四代、ありがとうございました。

 



おかげさまで13周年

9月4日、当院は13周年を迎えました。

10周年までは、1年ごとにしみじみ感慨深いところがありましたが、それ以降はあっという間に過ぎてしまい、毎日の色合いと変わることなく日常と同化してしまいます。

それでも患者様からお祝いの言葉をいただくと、仕事を続けられていることに感謝しかありません。

 

先日の日曜日、あるレーザー会社の30周年記念講演会に参加しました。

私が美容医療業界に入ったのは2000年のこと。いまから20年ほど前ですが、その頃は次々と新しいレーザーが登場して、美容医療は伸び盛りの時期でした。

レーザー脱毛が発明されてから、レーザーのシェアがぐんと伸びたのでしょうね。

しかし、それより以前の80年代、90年代の頃は、美容医療というよりもあざや血管腫などの病的な状態を治すためにレーザーは開発されていました。

昔の炭酸ガスレーザーは180cm以上の高さと大きさがあったというのですからびっくりです

とにかく大きかったのです。私も勤務先で最初に目にしたシミ取りレーザーはものすごく大きくて、大きな音が出て迫力がありました。

今は機器がどんどんコンパクトになって、スタイリッシュで使いやすくなりました。

 

今となっては美容医療に欠かせないレーザー治療ですが、実はとても危険な医療機器なのです。

レーザー光が目に入ると、失明や視力低下の可能性もあります。

適切な設定で照射しないと火傷してしまうこともあります。

よって、きちんと管理・トレーニングをして、患者様とスタッフの安全を保たなければなりません。

私もスタッフを連れて、度々学会や勉強会などに参加するようにしています。

 

私が小学生の頃、自分のホクロを見て、「これがポロッと取れたらいいのになぁ」なんて夢見ていたことが現実のこととなりました。

学生時代、2年間もかけて痛みをこらえて針脱毛したのに、今は医療用脱毛であっという間です。

毎月レーザーを顔に当てていると、お肌はどんどん明るくハリが出てきれいになります。

レーザー治療の恩恵に与れる時代に生きることができて幸せです。



夏の夜の楽しみ方

毎日本当に暑いですね

涼しい診察室に引きこもり、クリニックで診療しているのが一番です。

7月のストックホルム旅行から帰り、だるくて疲労感が続いていました。

カラダもずっと浮腫み、すっきりしません。

夏バテか?更年期か?

最近おさぼりしていたサプリメントを再開したところ、あっという間に元気回復

ビタミンBは『ニンニク注射』で有名ですが、やはり元気がでるなぁと実感します。

そしてプラセンタ注射。こちらは眠りが良くなると感じます。

運動も大切。時々ジムへ行ったり、家でストレッチしたり、犬の散歩(夜限定)したり。

夏休みで、子供たちは不在ですので、夜は愛犬と二人きりの静かで平和な夜を過ごしています。

今年の夏は縄文熱が再燃していることと、新選組の時代劇再放送を楽しみにしていること。

縄文というか、日本人としてのルーツが知りたくて、縄文時代の勉強会に参加したり本を読んだりしながら、少しずつですが理解を深めたいと思っています。

そして何年か前に放映された『新選組血風録』がBSプレミアムで再放送。

恋愛シーンが多すぎでいささか不満。明治維新への大義とか、日本国がどうあるべきかを幕府側と討幕派がどのように考え動いていたか、についてもっとフォーカスして欲しい、とブツブツ言いながら、結局毎晩テレビに向かってしまいます。

皆さまは、どのように夏の夜をお楽しみでしょうか。