スタッフブログ

肌構造と洗顔

世の中には様々な洗顔方法があふれています。最近、院内で話題になったことの一つに朝の石鹸洗顔があります。NHKのある番組で朝晩石鹸洗顔を行うことを推奨しており、その内容から改めて肌の構造と石鹸の必要性について考えました。

 

肌の潤いを左右する要素は3つあります。①天然保湿因子②細胞間脂質③皮脂膜です。

①天然保湿因子:約半分がアミノ酸でできており、これはうるおいの素となります。

②細胞間脂質:セラミドやコレステロールなどの成分が含まれ、肌の中の水分を留める役割を果たします。

③皮脂膜:肌表面の水分の蒸散を防ぎます。

 

こうした自らが元々持つ保湿因子は、どんな化粧品にもまねできない素晴らしい保湿力を備えています。なぜなら、全ての成分が絶妙なバランスを保ち、外から手を加えなくともすでに完成されているからです。例えば、細胞間脂質に含まれるセラミドを観察すると、1種類ではなく様々な種類のセラミドがちょうどよく配置されています。この構造は1種類や2種類のセラミドを配合しただけの化粧品では作り出せません。ちなみに、化粧品が浸透しやすい層は角質層のみで、その厚さは平均0.02mmほどです。

 

洗顔について考えると、特に落とすべきものは皮脂が酸化してできた過酸化脂質です。酸化された皮脂は細胞のDNAを傷つけ、シミ・しわ・たるみ等の原因になると考えられます。では、石鹸を使って落とすべきなのでしょうか。ファンデーションやクリームなど油性の化粧品を使用していなければ、皮脂由来の過酸化脂質は水溶性なので、水洗いで十分に落とすことができると考えます。逆に、クレンジング剤や石鹸で洗いすぎたり、熱いお湯で洗っていると、先程紹介した肌に本来備わっている保湿因子が壊されて乾燥肌となってしまいます。そのため、肌断食を推奨する当院では、水洗顔やぬるま湯洗顔をおすすめしております。

 

しかし、水やぬるま湯洗顔だけでは肌が整わない方がいらっしゃることも事実です。今はマスクをつけている時間が長かったり、湿度や温度が高く、皮脂が出やすく、赤みやかゆみが起こりやすい時期となっています。また、お化粧品を使っている方は化粧品に含まれる油性成分が水洗顔だけでは落とし切れません。こうした場合には、適宜石鹸を使っての洗顔を行うことも大切です。その際にお伝えしていることは、1日活動して過酸化脂質の一番たまった夜に石鹸洗顔を行うことです。肌本来の保湿因子を取りすぎないために、最低限の使用にとどめます。ですので、基本的には朝の石鹸洗顔は必要ないといえます。時間としては、洗いが20秒、すすぎで1分以内です。

 

ここまで、肌の持つ3つの保湿因子と洗顔の関係について書いてきましたが、院長から以前「スキンケアに絶対はない」と教わりました。自分が心地よく過ごせることが大切であり、化粧品を使うことが好きで気に入っているならば、それはその人のスタイルで否定はできません。確かに心地よさの基準は人それぞれで、年齢、性別、環境等によっても変わってくるためスキンケアに「絶対」は難しいのかもしれません。しかし、そうであったとしても本質を見極めたケアを大事にしていきたいと感じます。

 

参考文献:宇津木龍一(2012)『肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法』青春出版

 

ファンデーションに頼らない素肌づくり

白金ビューティフルエイジングクリニック

クーラーのいらない日々が待ち遠しいKarenでした。


ルビーレーザー解禁

今年もルビーレーザーの季節になりました。台風が去って一気に涼しくなりましたが、今週は夏の様に暑い週でした。

慌てて衣替えをしましたが今週はまた夏服に戻りました。娘の秋服を出しながらシミをみつけてカッガリしました。洗濯をしていても時間が経つと残っていた汚れが変色し目立つようです。

 

秋はシミが気になる季節ですね。お洋服も肌もシミが目につく時期です。涼しくなったこれからの時期はシミ取り治療を受けるベストシーズンです。

 

シミレーザーに使うレーザーとは、Qスイッチルビーレーザーと言います。

Qスイッチルビーレーザーとは波長694㎚で、メラニン色素だけを選択的に破壊することができるレーザーです。

 

老人性色素班、雀卵斑(そばかす)、ほくろ(平坦なもの)に照射することができます。

 

照射した部位は火傷を起こした状態になり、ヒリヒリとして熱を持った状態になります。レーザーに反応した皮膚はこげ茶色の痂皮(カサブタ)が形成され、1週間~10日後自然に剥がれます。その間は軟膏塗ってとテープで保護をする必要があります。

(※テープがお仕事等で貼りにくい場合、テープ貼りを最短2日間にし、痂皮(カサブタ)が取れるまでは専用のコンシーラーがあります。)

 

カサブタが剥がれて一旦色が薄くなった後に色素沈着が起きる可能性があります。レーザーの刺激によるもので6~9ヶ月程で自然に引き薄くなります。日本人では約40%、当院では約30%の割合で起こるというデータがあります。

もし、起きてしまっても美肌レーザーや内服剤・外用剤を使うことで色素沈着の回復を促すことができます。

 

1回~数回の治療でシミが薄くなるのでとても喜ばれる治療です。痛みに弱い方や治療範囲が大きい方は事前に麻酔をおすすめします。

気になる方はぜひお問い合わせください。

 

ファンデーションに頼らない素肌作り

白金ビューティフルエイジングクリニック

スネコスで目元に張りがでて嬉しいAkemiでした。


素髪を始めてみませんか

皆様ご存じの通り、当院では院長を始めスタッフ全員が『湯シャン』をしています。

一人一人肌質が違うように、髪質も様々です。

先日、院長の通っている美容室で素髪の勉強会を開催し、美容師の方にお話を伺いました。

その中で教えて頂いた、湯シャンをスタートさせるためのポイントを今回ご紹介いたします。

 

〇美しい髪とは

美しい健康な髪を『高級のり巻き』に例え、とても分かりやすくお話して下さいました。

痛んでいる髪とは、ご飯部分に当たる毛皮質が抜け出てしまいスカスカのり巻き。

カラー剤やパーマ液の薬品がキューティクルである海苔部分をこじ開け、ご飯を外にだしパサパサにした状態。

これでは素髪になれませんね。

それをごまかす為に、合成の化学物質でご飯代わりになる物を入れたり、ツルツルサラサラするコーティング剤を海苔代わりにすることが傷んだ髪には必要となります。

しかし、合成の化学物質は頭皮や肌トラブルの原因にもなります。

 

〇湯シャンスタート

食べ物やストレス過多の影響で、酸化した脂が頭皮のべたつきの原因になります。そのため湯シャンを始めるのに大切なことは「食事と心」という言葉が印象的でした。

いきなり始めるのではなく、少しずつ湯シャンの頻度を増やしていくことが上手に成功させるポイントだそうです。

 

➀使っているプロダクト(シャンプーやコンディショナーなど)を1日おきに、湯シャンをはさむ  (1ヶ月)

ダメージのない人は(パーマ、カラーをしていない人)コンディショナーなしで、傷んでいるところのみの使用に抑える

 

②シャンプーを少しずつ洗浄力の優しいものに変えていく  (1ヶ月)

合成シャンプー→アミノ酸系シャンプー→ハーブシャンプーなど

 

③2日湯シャン、3日目シャンプーを使用  (1ヶ月)

 

④3日間湯シャン、4日目シャンプーを使用 (1ヶ月)

 

⑤5日間湯シャン、6日目シャンプーを使用 (1ヶ月)

 

〇ブラッシング

髪を濡らす前のブラッシングがとても重要です!

わたくしは湯シャンを始めて5年が経ちますが、頭皮の痒みやべたつきが気になりシャンプーを使用します。

夏場は汗を掻くので3日に1回、冬場は1週間に1回のシャンプーをしています。

 

髪を短くしてからは、頭皮や髪のべたつきは軽減していたので、自分では「きちんと洗えている」と思っていました…が美容師さんにブラッシングのレクチャーを受けてびっくり!ブラッシングをすると白いフケのようなものが大量にボロボロと出てきました。(汚くてすみません…。)

自分では洗えているつもりでも、古くなった落ちるべき角質がこびりついていたと知り、ブラッシングの重要性を感じました。

 

美容師さんのブラッシングは、最初に毛先をとかしたあとに頭皮を掘るように刺激してブラッシングをします。

なんとも言えない刺激が気持ちよく、血行が良くなる感じがしました。

 

 

もし髪に悩んでいる方や湯シャンに興味のある方は少しずつシャンプーを減らしてみてはどうでしょうか。

院長は湯シャン歴13年!わたくしも道半ばですが、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

 

ファンデーションに頼らない素肌づくり

白金ビューティフルエイジングクリニック

『高級のり巻き』を目指すYUKIKOでした。


院内処方のお薬について

外が涼しく過ごしやすいお天気が増えてきましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか。夜になると虫の音が聞こえ、秋の訪れとともに夏の終わりを実感し、少し切ない気分がしてきます。

さて、今回は院内でお出ししています五種類のお薬についてご説明します。

 

⑴シナール錠

1錠中にアスコルビン酸(ビタミンc)を200mg含み、主に三つの効果があります。

①体内の活性酸素を消去して、老化を予防する

②メラニンの抑制

③コラーゲンの生成を促進し、シワやたるみを予防する

1日3回、朝・昼・夕食後、各1~2錠をお飲みいただきます。使用上の注意としては、尿糖と便潜血検査を妨害するため、検査の数日前には内服を中止します。

 

⑵ユベラN ソフトカプセル

1錠中にビタミンEを200mg含み、以下の五つの効果があります。

①過酸化脂質を抑えてコレステロールや異常脂質の増加を防止する

②血小板凝集を防ぎ、毛細血管内の血液凝固を予防する

③組織の酸素供給を増やす

④高血圧や動脈硬化などによる循環障害に伴う症状を改善する

⑤老化を防ぎ、皮膚を健康に保つ

1日1回、夕食後、各1錠を内服し、発疹などが出た場合は服用を中止します。

 

⑶ノイロビタン錠

ビタミンB1:25mg、B2:2.5mg、B6:40mg、B12:0.25mgを含み、3つの効果がございます。

①炭水化物や脂質を有効に活用し、たんぱく質やコラーゲンの生成に役立つ

②代謝を改善し、湿疹、口内炎、脂漏性皮膚炎、ニキビ等の治療や予防をする

③眼精疲労を65%以上改善する

食後に1日3回、各1錠を内服。尿が黄色になることがありますが、心配はありません。

 

⑷トランサミン錠

トラネキサム酸250mgまたは500mg含むタイプがございます。効果としては以下の三つです。

①シミ(肝斑)治療に非常に効果的

②手術後や病的な出血傾向に対する治療薬として有効

③抗炎症剤、抗アレルギー剤

1日3回、朝・昼・夕食後、各1~2錠をお飲みいただきます。注意点としては、胃腸症状、掻痒感、発疹が出ることがあります。その場合はすぐに服用を中止してください。また、まれに眠くなることがあります。

 

⑸タチオン錠

グルタチオン50mg含み、効果は四つです。

①メラニン抑制による美白の働き

②細胞の活性化や解毒作用が有、老化原因となる過酸化脂質を抑える

③角膜や水晶体を透明に保ち、白内障を予防する

④慢性肝機能障害を改善する

食後に1日3回、各1錠を内服。発疹が出たら、服用を中止して下さい。

 

以上が、院内処方のお薬です。それぞれに違った角度から老化予防の働きがあり、体の中から作用します。レーザーやボトックス、ヒアルロン酸といった外側からのケアと併せていただくことで、より効果を感じていただけます。特に、トランサミン錠は肝斑治療に非常に有効ですので、多くの方にご利用いただいております。決められた服用回数通り、きっちりとお飲みいただきますとお肌に嬉しい変化が現れますので、ぜひこつこつと続けてください。

 

夏の疲れをほぐして、ゆったりと過ごした後は、

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋、読書の秋、実りの秋といった「〇〇の秋」を楽しんで、素敵な日々をお過ごしくださいませ。

 

ファンデーションに頼らない素肌作り
白金ビューティフルエイジングクリニック
秋刀魚を食べることが楽しみなKarenでした。


メラニンとは?

9月に入り、少し涼しくなったようにも感じますが、まだまだ湿度は高く紫外線も強い季節です。

当院は秋頃からまたシミ取りレーザーがはじまります。シミができてしまう原因というと、メラニンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

 

メラニンと聞くと、シミに直結するイメージから悪者と考えられがちですが、もともとは紫外線から肌を守る重要な存在です。

メラニンには主に黄色~赤色のフェオメラニンと、褐色~黒色のユウメラニンの2種類があり、肌や毛髪、瞳の色はそれぞれの量・割合によって決まります。一般的に、メラニンが多いほど黒くなると言われています。

 

【シミができるメカニズム】

肌表面の表皮(約0.2㎜)の一番下にある基底層には、新しい細胞(ケラチノサイト)が作られて並んでいます。

その中にはメラニン工場であるメラノサイト(色素形成細胞)が5%ほど混ざっており、肌が紫外線などによる刺激を受けると、チロシナーゼという酵素がメラノサイトにメラニンの産生を指示します。

つくられたメラニンはケラチノサイトにとどまり、肌表面で紫外線を吸収し、ダメージが肌内部に届かないようにブロックし、紫外線から肌細胞を守る働きをします。

 

ケラチノサイトは基底層から分裂し、約28日かけて肌表面に押し出され、最後は角質となって剥がれ落ちます。これがターンオーバーです。

ターンオーバーとともにメラニンも排出されるため、通常の日焼けであれば約1ヶ月後には消えるこことなります。

 

しかし、肌内部の細胞に何かしらの異常が起こると、メラノサイトがメラニン産生の指示を出し続けてしまうことも。

過剰に作られたメラニンがターンオーバーと共に排出されず、シミとなって肌に残ってしまうことがあります。

 

また、メラニンの量が過剰でなくても、ターンオーバーが正常でなければきちんと排出ができません。ターンオーバーを乱す要因は加齢、乾燥、紫外線、摩擦など様々なので、生活のあらゆるところに罠が潜んでいます

 

【メラニンが増加する要因】

・紫外線

・加齢

・炎症やニキビなど皮膚トラブル

・肌への過剰な摩擦による刺激

・ホルモンバランスの乱れ

・疲労やストレス

・アルコール摂取や喫煙

・睡眠不足

 

上記は全て活性酸素を増やしてしまう要因でもあります。

活性酸素はメラノサイトを攻撃して、メラニンの生成を活性化させます。

 

それでは、メラニンの沈着・シミを防ぐにはどうしたら良いか?

1.メラニンが過剰に生成されないように防ぐ

2.ターンオーバー周期を整える

 

上記の2点です。

長くなってしまうので、次回のブログでご紹介したいと思います。

 

ファンデーションに頼らない素肌づくり

白金ビューティフルエイジングクリニック

20代までは積極的に日に当たっていたKeinaでした