乾燥肌・肌荒れ

砂漠肌は老化へまっしぐら!

乾燥肌の原因

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造から成ります。表皮の一番上は角質層といい、その厚みはたったの0.02mmで約30%の水分を含んでいます。この薄い角質層は、紫外線や微生物、有害物質から身体を保護して、生命活動に必要な水分を保持するバリア機能を持っています。しかしながら、私たちの皮膚が常に正常の機能を保つことは困難であり、気候の変化や生活環境の変化、体調の変化、化粧品などの化学物質などにより表皮角質機能は低下して肌に微妙な変化が生じます。バリア機能の障害により角質層はめくれあがり、体内の潤い成分や水分も流れ出てしまい、肌がかさついたりザラザラすると感じます。これがドライスキンです。一般的には夏より冬に乾燥状態になります。

乾燥肌の予防法

女性はお化粧や過剰なスキンケアによって、自らドライスキンを作り出していることがよくあります。そもそも何故女性はメークをして当たり前なのでしょうか?誰に教えられたというわけもなく、化粧水、美容液、乳液、クリーム、アイクリーム、UV、化粧下地、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションと毎日フルメークしている人も多いと思います。塗らないと心配だそうです。女性誌や通販、テレビで化粧品情報は氾濫していますので仕方がないと思います。人前に素顔で出ることなど考えられない人もいるようです。このように毎日何気なく使用しているお化粧品ですが、化粧品は合成化学物質であり、皮膚にとって異物であります。目に見えるトラブルはないにしても、異物は異物、見えないところ、感じない程度のアレルギー反応が起きている可能性は否定できません。今まで使っていた化粧品が突然肌に合わなくなることもあります。しかも化粧品は毎日使用するものであり、何年もの蓄積はとてつもない影響を肌に及ぼすことも考えられます。今まで使っていた化粧品が突然合わなくなることだってあるのです。
さらに良くないことは、お化粧を落とすために過剰な洗顔を繰り返すことです。過度のクレンジング、石鹸洗顔で、汚れだけではなく肌の保湿成分まで流れ出てしまいます。汚れ落としに乾燥はつきものなのです。

乾燥肌の予防は、必要以上に化粧をしないこと、洗わないことです。

症状例
  • 頬がヒリヒリ痛いことがある。
  • 肌の表面が毛羽たち、めくれ上がっている。
  • 洗顔すると肌がバリバリに突っ張るので、すぐに化粧水をつけている。

以上のような症状がある方は、ただちにお化粧を中止してお肌を休ませる必要があります。

おすすめスキンケア

当院ではお化粧品も含めたスキンケアの指導に力を入れています。マイクロスコープで肌の状態を確認し、水分・油分量をチェックしながら適切なスキンケアを指導します。まずは日常のスキンケアの見直しが必要で、レーザーピーリングや<ライムライトアキュチップなどの治療は肌が回復してから行います。肌のまず態が悪い時にどんな治療を行っても十分な効果が得られません。乾燥肌の治療は自己の再生能力に頼るしかないのです。

おすすめの治療(詳細)

肌の状態が悪い時にどんな治療を行っても十分な効果が得られません。
回復後の治療として

レーザーピーリング

院長が美容医学を学んだ“北里研究所病院美容医学センター”で1999年から行われていた第一世代の“肌の若返りレーザー”です。QスイッチNd-YAGレーザーで、脱毛用、レーザーフェイシャルピーリング用として…
くわしく見る

ライムライト・アキュチップ

光治療には様々なブランドや機械の種類があります。ライムライト・アキュチップは開発の段階から日本人医師が監修、日本人の肌トラブルに対し、最適かつ最善の効果を導き出す新しい光治療です。…
くわしく見る

ビタミンCイオン導入

医師による治療の前後に行なうメディカルエステです。併用することで、レーザー等の治療効果をより高めることができます。毎秒300万回の超音波は、物理的な振動を与えることで細胞を活性化…
くわしく見る