スタッフブログ

院内処方のクリームについて

蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様お元気ですか?

クリニックでは見た目、体感ともに少しでも涼を感じていただくため、洗面所やお部屋のマットを夏らしいものにひきかえ、向日葵のオブジェを飾り、カルピスのご提供をしております。おかげさまでご好評いただき、猛暑にもかかわらず連日満員御礼でございます。いつも運びくださりありがとうございます。

 

さて、今回はクリニックで処方している3種類の外用薬についてご紹介していきます。

 

➀ビタミンCクリーム

ビタミンCは、よく知られている通りメラニン色素が作られるのを抑制します。また、活性酸素を消去することで酸化を防ぎ、コラーゲンの生成を助ける働きを持っています。使い方はとても簡単で、洗顔後1日1~2回、直径およそ1㎝弱のパール一粒分のクリームを手のひらにのばし、顔に押し付けるようにしてつけます。

 

②ハイドロキノン軟膏

こちらもメラニン色素の産生を抑える働きがあります。洗顔後1日1~2回、顔全体またはシミの部分だけに使用します。ビタミンCクリームと一緒に処方されることもありますが、その場合のつける量は2つのクリームを合わせてパール1粒分(直径およそ1㎝弱)をお使い下さい。それぞれのクリームの割合としてはビタミンCクリームが2、ハイドロキノン軟膏が1(2:1)です。

 

③トレチノイン軟膏

0.1%レチノール酸軟膏です。こちらはビタミンA誘導体のひとつであり、シワ治療用化粧品に含まれるレチノールと比べて格段に効果があります。そして、シミやシワ、ニキビ等を改善する働きがあります。また、表紙を厚くし、コラーゲンの生成を促進する作用もございます。基本的な使用方法としては、夜間のみ洗顔後に1回、顔全体またはシミやしわの部分だけに(直径1㎝弱のパール1粒分)塗ってください。使用上の注意といたしましては、効果が強い反面、皮膚が乾燥しやすく、人によっては赤みが出る場合がございます。このような時には、1日おき、または2~3日おきに使用をとどめ、ビタミンCクリームや保湿クリームと混ぜ合わせ半分程度の濃度にしてお使いください。

 

以上が、院内でご購入いただける外用薬です。院長と20年以上お付き合いのある薬剤師Kさんが、愛情込めて作って下さる院内調剤クリームです。いずれも冷蔵庫などの冷暗所で保存しし、1~1.5ヶ月程度ご使用いただけます。この期間を過ぎますと、効果が減少し、また皮膚にダメージを与える可能性もありますのでご注意くださいませ。ご興味のある方は、お気軽にお声がけください。

 

8月も後半となり、お盆も明けたことで時間の流れがいっそう早いと感じます

甲子園も本日(8/18 現在)準々決勝をむかえ、いよいよ夏の風物詩も大詰めとなってきました。夏は、あっという間にやってきて、さっと去っていく季節ですね。

 

ともあれ、クリニックはお盆期間中も通常通り営業しておりましたが8月21日(日)~25日(木)まで夏季休診とさせていただきます。お電話、メール等の対応ができませんのでご了承くださいませ。

 

それでは、引き続き楽しい夏をお過ごしくださいませ。

 

ファンデーションに頼らない素肌づくり

白金ビューティフルエイジングクリニック

甲子園球児のまっすぐさに感動したKarenでした。

 


第40回美容皮膚科学会に参加しました

8月6日、7日の2日間美容皮膚科学会に参加しました。場所は虎ノ門ヒルズにて。会場は大盛況で講演内容によっては立ち見席が出るほどでした。虎ノ門ヒルズのシンボルのトラのもんを見て、あの人気キャラクターが白い!と思いほっこりしました。

 

今回、院長がたるみ治療について(Vシェイプ・テノール)講演をしました。お陰様で満員御礼にて終わり、たるみ治療の需要の多さを感じました。

 

他にも様々なたるみの治療法の講演がありました。スレッドリフトからちまたで人気のHIFUまで、先生方の熱い講演で知識を深めることができました。

 

たるみ治療は治療方法によって痛みやダウンタイムの度合い異なるものです。当院で行っているVシェイプやテノールはたるみ治療の中でも痛みがなくダウンタイムがほぼありません。そのため、多くの方が問題なく受けることができる人気の治療です。

 

Vシェイプ・テノールの効果

テノール(ラジオ波)は皮下の水分を振動させることにより摩擦熱を発生させます。熱作用が繊維芽細胞を刺激することでコラーゲンの産生を促します。また、ヒートショックプロテインというたんぱく質の発現促し自己回復機能により皮膚の状態の改善(ハリが出る等)効果が期待できます。熱作用により血行が促進されるため、むくみを改善したり、代謝促進の効果も期待できます。

 

Vシェイプは(超音波とラジオ波)は超音波の波動により脂肪細胞を共振させて壊し、脂肪細胞の減少を促します。そのため、テノールに比べてより皮膚の厚みがある方、シェイプしたい方向けです。

 

今回の学会ではコンビネーション治療の発表も多くありました。治療を重ねることで相乗効果が期待でるというものです。Vシェイプとテノールもほかの治療と同日に受けることでより一層つややハリが出たというお声も多いです。気になる方はぜひお試しください。

 

 

ファンデーションに頼らない素肌作り

白金ビューティフルエイジングクリニックの

トラのもんの手ぬぐいを買ってしまったAkemiでした。

 

 

 


皆さん肌ルネしてますか?

暑い日が続きますが、皆様お肌の調子はいかがですか。

スキンケアは場合によって季節に応じて変えていく必要があります。

 

現在わたくしは、この猛暑が始まった6月末から冬場は使用しない石けんを週2~3回使用しています。

また、ざらつきが気になるときにはグリコール酸を使用して肌触りのいい素肌を保てるようにしています。

8月末でレーザー3種をお受け頂いた方に、グリコール酸を使用したスペシャルケア(毛穴小町ピーリング)をプレゼント中!!! 😎 

 

このように、季節によってスキンケアを変えることで安定した肌状態を維持することができます。

 

当院スタッフがどのようなスキンケアをしているか、肌ルネすっぴんマガジンにて公開しております。

気になる方はぜひチェックをしてみてください。

 

https://www.s-bac.com/hadarune/magazine/hadarunestory/

 

 

 

ファンデーションに頼らない素肌づくり

白金ビューティフルエイジングクリニック

最近院長のレーザーを受けて肌の調子がとってもいいYUKIKOでした。

 

 

 

 


アンチエイジング

老化とともに感じるお肌や印象の変化。

「アンチエイジング」といってもその方法は様々です。

 

今回は当院が考えるアンチエイジングについてお話を致します。

 

①お顔のキャンパス(肌)を整える

お肌をキャンパスに例えて、シミやホクロ、キメや毛穴をケアしベースを綺麗にすることで全体の印象を良くします。

当院では色味(メラニン・ヘモグロビン)、肌質改善、リフトアップとそれぞれ特性の異なる4種の「美肌レーザー」がございますが、お悩みやその日の肌状態に合わせて院長がご提案致します。

 

②筋肉の拘縮

人間の表情は顔面筋によって作られます。この筋肉の働き(収縮)によってさまざまな表情を作っています。

ですが残念なことに年齢とともに体はもちろん顔の筋肉も拘縮します。この拘縮がシワやたるみの大きな原因となります。

表情が動くことでその上にある皮膚も筋肉の動きに合わせて収縮を繰り返し、やがてシワが刻まれてしまいます…眉間、目尻、額のシワなどなど。

そこで、「ボトックス」をすることで筋肉の拘縮をリラックスさせることでシワを改善します。

また、一見関係のないように見える「ほうれい線」も、上顔面にある表情筋の拘縮がリラックスすることでシワが伸び、リフトアップすることで気にならなくなったというお声もございます。

 

院長のボトックスは、お一人お一人の表情の動きに合わせて注入するため自然な仕上がりになると患者様からも好評です。

 

 

③骨格の損失

たるみの大きな原因の一つに、骨萎縮があります。

特に女性はエストロゲンの減少により骨密度が低下し、骨粗鬆症になりやすくなるということは良く知られています。

 

肌を支える顔面の骨も例外ではありません。

土台が萎縮すれば、必然的に上に乗っている皮膚はたるんできます。

 

この減ってしまった土台の補強を「ヒアルロン酸」で行います。

治療直後に変化を感じるので、とても喜ばれる治療です。

 

 

以前ある患者様が、「お肌のお手入れをすることで、見た目の変化はもちろん、気分も上がり心が豊かになる」と仰っていました。

 

そのお言葉が印象的で、院長が常々言っております、「美容医療で人を幸せにする」が体現された!と感じた嬉しい一言でした。

 

今後も皆様の目指す素肌づくりを、精一杯サポートさせて頂きます!

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

 

ファンデーションに頼らない素肌づくり

白金ビューティフルエイジングクリニック

毎年夏はひぐらしの鳴き声が楽しみなYUKIKOでした。


夏の日焼け対策3点セット

梅雨があけ、暑い日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。太陽の明るさにつられて夏のレジャーに挑戦される方も多いかと思います。ただ、その際に気になることが日焼け対策ですよね。今回は、夏本番に向けた肌ルネ式日焼け対策3点セットについてお話します。

 

1.塗る日焼け止め(外から予防)

長時間戸外にいる場合はSPF数値の高い日焼け止めが有効です。塗る量はお顔全体で大体500円玉程、2~3時間おきに塗り直します。

ただし、普段の日常生活においてはこの限りではありません。SPF値が高く落ちにくいものは肌への刺激も強いため、もしお肌が荒れることがありましたら、出来るだけSPF値が低いものを何度も塗り直しましょう。

当院お勧めの日焼け止めは〈アドソーブ ジェントル UV ゲル〉です。こちらは30g(顔に3プッシュで55日分)入りで、 〔SPF27 PA+++〕 。ノンケミカルで、お湯や水だけで落とすことが可能なため、敏感肌の方も安心してお使いいただけます。

2.飲む日焼け止め(内から予防)

当院で販売しているユーブロック(1箱30粒入り)は1日1粒で24時間紫外線から全身を守ります。こちらを日焼け止めと併用することで、水や汗による日焼け止めの落ちや塗りむらを気にせず、夏のレジャーを満喫できます。また、万が一日焼けしてしまった後に飲んだ場合でも、紫外線ダメージの55%をなかったことにします。長く飲み続ける程に日焼けしにくいお肌をつくりますが、紫外線を浴びる時だけのご使用も可能です。

3.たっぷりビタミンC内服

最後は、ビタミンCサプリメントです。ビタミンCはストレスや紫外線、多量飲酒、激しい運動等により生じる活性酸素(しみやしわの原因)を抑える働きをします。また、メラニン色素の生成を抑制し、炎症を抑える効果がありますので、この時期に必須の栄養素です。当院ではビタミンC1000(60粒入り)をお勧めしております。

以上が夏の日焼け対策肌ルネ式3点セットです。どれも当院にてお買い求めできます(郵送可)ので、お気軽にお申し付けくださいませ。

 

それでは、いよいよ夏到来です。日差しが長くなり、明るいお天気に気分もわくわくしてきますね。紫外線は老化原因の一つである一方、太陽を浴びることで幸せホルモンのセロトニンやビタミンDが生成されます。適度な日光に当たることは心身の健康に必要で、逆に当たらないと気分のしずみやストレスを感じやすくなってしまいます。

日光には良い面もたくさん存在しますので、今年の夏は太陽を味方につけて適度に予防しながら、夏を楽しみましょう!

 

ファンデーションに頼らない素肌作り

白金ビューティフルエイジングクリニック

天気は晴れが好きなKarenでした。