院長ブログ


肌断食×美容医療

「肌断食×美容医療」を掲げて、随分長い時間が過ぎました。

美容クリニックで、化粧品の使用を控えるよう指導するクリニックは珍しいらしく、「お化粧品に頼らないでキレイになりたい」と希望される方が当院を訪れます。

メークはしたくない、お化粧品は使いたくないけれど、肌はキレイにしておきたい、というニーズです。

開院した15年前にはほどんどないニーズでした。

 

化粧品をスパッと全部止められる人もいる一方、長年の習慣を断ち切ることに難航する人もいるのは事実です。

難航する理由としては、以下の2つが考えられます。

1.肌状態が悪化する。

2.ファンデーションを塗らずに外に出ることが恥ずかしい。

 

2は社会の刷り込みによる思い込みなので、今回は飛ばします。

1の場合、良くあるケースとしては、洗顔不足による肌のゴワつき(垢つき)、ベタベタ(皮脂過剰)、角栓、赤み、痒みなどです。

肌断食=肌に触れてはいけない

と誤解されている方が非常に多く、初診時にスキンケアを確認すると、肌状態が悪化している人は洗顔不足が原因のようです。ニキビができやすいオイリー肌の人がこのような状態に陥りやすいようです。

正しい洗顔方法を動画にまとめていますので、こちらをご覧ください。

メークをしていなければ、石鹸で洗う必要はありません。

オイリー肌の人は、ワセリンを控えて下さい。

 

ずっと化粧品を使い続けた肌が、化粧品を使わない肌に慣れるまで、人によっては1~2年かかることもしばしばです。

当院を受診する方は、すでに1年以上肌断食を続けてきた人もいますが、最初は肌状態の悪化に悩みながらもだんだん改善してくるようです。このあたりのデータもまとめてみようと思っています。

当院では、肌の回復を早めるためにレーザー治療を併用しますが、皮膚は驚くほど変わります。

 

このような仕事を20年以上続けています。

「肌断食」という言葉も、20年前と比べるとかなり広がりを見せているような気配です。

私たちは、肌断食とそれにまつわる生き方を含めて「素肌ルネサンス(肌ルネ)」と呼んでいますが、実に奥深い仕事をしているな、と感じています。

たかが肌、されど肌。

肌状態が良いと気分が晴れやかになり、前向きに生き生きを過ごせるようになります。

 

少し前までは、

「スキンケア=化粧品」という刷り込みが社会全体に行き渡り、アレルギーなどで化粧品を使うことが出来ない人・又はベタベタ塗ることに抵抗を感じている人たちにとっては、スキンケアの選択肢があまりにも少なすぎました。

しかし今は、

「スキンケア=肌断食」

「スキンケア=肌断食×美容医療」

という選択肢に広がりました。これは喜ばしいことだと思います。

 

私たちが20年間をかけて築いてきた肌断食方法をまとめた素肌ルネサンスをご覧ください。

 

肌断食が広まってきたことは嬉しいことなのですが、このスキンケアの奥深さを理解するには最低でも5年はかかります。肌断食は万人受けするスキンケアではありません。私自身も、化粧品をやめようと思ってやめたわけではなく、自分自身を実験材料として化粧品を減らしていったところ、行き着いたところが何も塗らない世界でした。肌断食は目標ではなく結果だったということです。

湯シャンも快適と感じるようになるまでに5年かかりました。こちらはやめようと思ってやめましたが。

 

肌断食を極めるまでには時間がかかります。

肌断食への興味が増えてきた一方、肌断食は間違っていると言い切っている人たちもいるでしょう。

肌断食のための化粧品??も売られています。肌断食すら商売道具になっているのですね。

 

肌断食が正しいとか、化粧品が正しいとか、そういう二元論ではありません。

スキンケアには多様性があり、その1つが肌断食だと理解していただけると幸いです。

我々はスキンケアだけでなく、生き方の選択肢を広げる活動をしています。

 

 

 

 



お湯の温度に気を付けましょう

先日、温泉に浸かった時のお話。

露天風呂は源泉かけ流しということで、非常に熱く、「ひえっ」と飛び出るほどでした。

周囲を見渡しても、お水が出る蛇口が見当たりません。

仕方ないので、熱さに耐え忍びじ~っとしていたら、次第に慣れてくるものです。

10分くらい入っていたでしょうか。

私は石けんを使わないので、お湯で流して終わりです。

 

夜、パジャマに着替えるとき、ふと自分の胸部~腹部を見下ろすと、何ということでしょう!!!

皮膚がこふき芋になっているではありませんか

角質がパラパラ剝がれ落ちて、超乾燥状態になってしまいました

 

恐るべし「熱いお湯」

干からびます。

そしてかゆい!

今までも何度か恐ろしく熱いお湯に浸かったことはありますが、このように顕著に皮膚が乾燥したことは初めてでした。

私自身の加齢変化も影響しているのだろうと思います。

患者さんから、

「洗剤よりも、お湯の温度が乾燥に関係していると思う。」と言われたことを思い出しました。

更年期以降の女性(男性も)は、温泉の熱いお湯に十分お気を付けくださいませ。

 

普段塗らないボディローションを塗布したところ、すぐに落ち着きました。

いつもは保湿剤など不要ですが、極度の乾燥肌には、保湿剤が効果的だと実感。

まずは乾燥させないことが大切

熱いお湯、洗浄剤、タオルによる摩擦を控えることですね。

 

 

 



美容医療の課題

「日本の医療の未来を考える会」という勉強会に参加しました。

テーマは“美容医療の課題”

 

美容医療は自費診療であり、医師の裁量権というものがあるため、診療内容に規制がありません。

管理監督するシステムがないため、野放し状態のようです。

多くの医師は、自己研鑽に励み、患者さんに利益をもたらすような治療を心掛けていると思います。

しかしながら、いつの時代も悪徳医師はいるようで、、、

儲けるために信じられないような医療行為をして、トラブルを起こしていると聞きました。

そのトラブルを治療するために受ける医療は、保険ではなく自費になるとのこと。

 

医師の意見としては、以下のような発言がありました。

「キレイになるために受けた治療でトラブルが発生したら、それは自費で治して下さいよ、という行政の判断はいかがなものだろうか。故意にトラブルを発生させているわけではないのだから。」

「美容医療そのものが、何となく後ろめたいものであり、患者さんはコソコソ受けるようなイメージを持たれているようだが、もっと明るいイメージにならないのだろうか?」

「そもそも美しさを求めるのは女性の正当な欲求であることを、男性は理解するべきではないか。」

確かにおっしゃる通りです。

 

美容医療行為は大なり小なり、人体に傷をつけることになります。

加えたダメージを上回る効果が得られると判断した場合のみ、治療をするべきだと思います。

しかしながら医療に100%はないのが現実。

マイナスの結果になることだってあるのです。

このあたりの判断は、医師の経験と技術とセンスなんだと思います。

 

私が日頃から心掛けていることは、結果100%を目指さず80%に留めておくこと。

美容医療は、やり過ぎると必ずマイナスの結果になります。

しかし「ほどほど」という匙加減が結構難しい。

もう少し・・・と欲が出ると、ついついやり過ぎてしまいます。

 

最近、美容医療のやり過ぎで肌を傷めている人を診ることが増えているような気がしています。

以前は化粧品の使い過ぎで肌を傷めている人が多かったのですが、今は美容医療を受ける人が増えたということでしょうね。

何でこんなになるまでやっちゃったの??と憤りを感じることもしばしば。

皮膚をちゃんと診察していないのかしらと思ってしまいます。

 

化粧品によるオーバートリートメント(塗りすぎ・擦り込みすぎ)は、皮膚のバリア機能を破壊します。

トレチノインやピーリング剤は気を付けて使用しないと、キメのないツルツル肌(ビニール肌と言う人もいます)になってしまいます。

余計な化粧品をやめてもらい、適切なレーザー治療を行うと肌質は改善することが多いのですが、時々「何でこんなに回復しないんだろう?」と思う症例にも出会います。根掘り葉掘り詳しくヒアリングすると、化粧品が大好きでいろいろな商品を塗りまくっていた過去があったりします。相当肌がダメージを受けていたのだと推測します。

1人ひとりの皮膚の厚み、キメ、オイリーなのか乾燥なのか、敏感肌か、年齢、傷の治るスピードなど考慮しながらスキンケアと治療方法を考えます。

 

皮膚の美容は奥深く、魅力的な世界です。

美容医療の課題は「やり過ぎない」ではないでしょうか。

過ぎたるは猶及ばざるが如し、ですね。

 

 



論語と美容

大河ドラマ「青天を衝け」をご覧になっていますか?

江戸幕末から明治にかけて活躍した、実業家・渋沢栄一のお話です。

この時代は激動の時代で、登場人物も素晴らしく、ワクワクしちゃいます。

渋沢は農民(豪農!)出身ですが、幼少期から四書五経を学び、商才に長けた賢い人でした。

混乱する幕末期には、尊王攘夷派として血気盛んな若者でしたが、縁あって一橋慶喜の家臣となります。(尊王攘夷から幕府側へ??)

フランス皇帝ナポレオン三世より1867年パリ万博に招待され、慶喜の弟・徳川明武と共に、ヨーロッパに1年ほど西欧の最先端を学びに行きました。(この時代に外国へ行くなんて、相当のエリートですよね。)

明治維新により帰国後、大蔵省に入り、新しい日本の国づくりに活躍。

5年ほど勤めた後、大蔵省を辞め、実業界へと踏み出します。

欧米列強と競い合い、国を豊にしていくためには、正しく利益を出す経済活動をすべきだという理念がありました。

私利私欲ではなく、国全体を豊にするために一生を捧げた渋沢栄一は、銀行や保険会社、電気・ガス会社、ホテル、鉄道会社など約480社もの設立に関わりました。

まさに、実業界の父と呼ばれるにふさわしい活躍を続けていきました。

 

彼の著書である「論語と算盤(現代語訳)」には、今まさに私たちのあるべき姿の見本となることが、とても分かりやすく書かれています。

渋沢の行動規範は、孔子の「論語」です。儒教の教えですね。

私が研修医の時に出会った先輩医師は、日頃の臨床医療現場において、孔子など古典の教えを散りばめて教えて下さいました。

恥ずかしながら、20代半ばであまり中国古典など触れたことがなかったものですから、全てが新鮮で知識欲が湧きたちました。先輩医師に馬鹿にされないよう、言われたことを書き留めて、後で復習していたほどです。

◎小人閑居して不善をなす(暇な医者はろくなことをしない)

◎学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば即ち殆し(学びも実践も大切だよ)

◎巧言令色鮮し仁(調子のよいことを言う人には気を付けなさい)

◎君子の交わりは淡きこと水の如し。小人の交わりは甘きこと醴の如し(さらりとした付き合いが大切だよ)

◎天網恢恢疎にして漏らさず(天は悪い行いを見逃さない)

 

江戸時代の武士や上流の百姓町人は、皆中国古典の教育を受けていました。

その目的は「心を磨くこと」

心を磨けば、自ずと自分を磨くようになり、家族をまとめ、国をまとめ、天下を安定させることにつながります。

 

心の教育・・・

私は子供を産んだ頃、幼少期に漢詩を「素読」させると前頭葉の回路が発達して、生きる力が身につくということを知りました。カレンダ―の裏にマジックペンで大きな文字で漢詩を書き、寝る前に娘と音読したことがあります。意味は全く分からなくても良いそうです。3歳の頃には、般若心経も丸暗記しました。小学生の頃には、平家物語や竹取物語など日本の古典も諳んじていました。そのせいか分かりませんが、20歳になる娘はとても優しい心のあるバランスの取れた人間に成長したと、親として非常に嬉しく思っています。自慢ぽくてスミマセン

 

原点回帰すべきは古典ではなかろうか?

「論語と算盤」には、人間としてあるべき姿を的確に書かれています。

この点は、当院の経営理念にも取り入れられる内容だと思いました。

 

「自分磨き」と聞いて、何を思い浮かべますか?

エステ、ネイルサロン、美容医療・・・といった、外見を取り繕うことを「自分磨き」と取り違えているようでは、日本はお先真っ暗です。

心を磨き、人格を高めるためのサポートとしての美容医療でありたいと思います。



春はお肌の衣替え

今年も新緑祭りが始まりました~

春はお肌の衣替え

「肌ルネクリーニング」でございます。

日ごとに芽吹く若葉のような勢いで、お肌もグングン再生させましょう

クリーニング屋さんのパロディでエプロンを作ってみたのですが、

「保母さんですか?」と言われています

 

ここ数日は寒の戻りでしょうか、少々肌寒く感じます。

春先に冬服を着ると、気分が滅入るのは私だけでしょうか。

黒色や素材が厚手のものはテンション下がります。

気持ちは春に向かっていますので、冬服はクリーニングに出してしまいました。

衣替えの時には、必ずお洗濯するかクリーニングに出しますよね。

ならば、お肌もクリーニングして、爽やかな春を迎えませんか?

衣類は丁寧にメンテナンスを続けると、10年経ってもキレイな状態を保つことができます。

私は15年以上前に購入した洋服を今でも大切に着ています

皆さまのお肌も定期的にメンテナンスすることで、いくつになっても清潔感のある上品なお肌を維持することができます

お顔は変えが利きません。1点モノですので、ビンテージ顔を目指して下さい

熟練の職人手仕上げから機械式標準仕上げまでご用意して、白金でお待ちしています。

肌ルネクリーニング 店主 山口麻子