院長ブログ


勤続10年

勤続10年のスタッフが誕生しました。

スタッフ陰山は、地方から上京して間もなく当院に就職しました。

2008年3月のことでした。

既存のスタッフが退職することになり、急遽募集し、面接し、迷わず決めたスタッフです。

20代半ばと若いのに、とてもしっかりしていて、途中2度の出産を挟みましたが復帰して働いています。

2人の子育てをしながらのお仕事ですので、子供の急な病気でなかなか思うように仕事にならず落ち込んでいた時期もありました。

それでも彼女は諦めることなく、仕事と子育てを両立する道を選んでいます。

私は女性の自立を心底応援したいと思っていますので、仕事を続けたいと願う女性は大歓迎です。

また、長く勤務してくれるスタッフがいるというのも誇りに思います。

今の日本では、まだまだ女性が子育てもしながら遣り甲斐のある仕事に就き、絶えず自己成長していく環境を構築するのはなかなかハードなことです。

私は社会学が好きなので、いろんな統計から女性の雇用形態とか年収、世帯年収などチェックしているのですが、本当に厳しいのが現実です。

2月19日 日経新聞の経済教室欄で、

『女性活躍 なお残る課題 大卒者の年収 極端な低さ』の記事には驚愕でした。

大卒女性年収の中央値は27歳の260万円程度がピークでその後下落するそうです。

なぜなら、結婚や出産により離職すると、その後は非正規雇用として転職したり無職になるからだそうです。

もっと驚いたのは、

「現在の40~50歳代女性は4年制大学教育を受けても、上位30%に入っていないと、15年以上にわたり年収300万円を確保することはない」

ということ。いったん正社員ルートから外れると、その後の収入は300万円を確保することすらできないという現実です。

ただし配偶者の収入を考えれば、世帯収入としてはある程度確保されますので、女性の収入は低くても何とかなるということなのでしょう。

しかし離婚が珍しくなくなった現在、女性でも稼げないことはかなりリスクを伴うことを自覚している人はどれだけいるのでしょうか。

人間は経済的・精神的に自立していないと真の自由は得られないと思います。

ですから、結婚して配偶者に養ってもらおうという甘い考えは捨て、女性も頑張ってキャリア形成をして、社会で活躍して欲しいと心から願っております。

経済的なことばかりではなく、好きな仕事を頑張っている人は話していてもユニークで楽しいのです。様々な経験から人間的にも魅力が増すのではないでしょうか。家族以外での社会との関わりから学ぶことはたくさんあります。

女性だろうが男性だろうが、自立している人は強いです。強くて優しい。

そんな人間が増えてくれたら、社会はもっともっとゆとりがあり、温かく素敵になるのでしょうね。

 

今夜、愛犬とお散歩をしていたら、スーツ姿のサラリーマン男性が犬にぶつかりそうになって、

「あ、ごめんね。」と優しい言葉を投げかけてくれました。

続いて歩いてきたまたまたサラリーマン男性が、

「めっちゃカワイイ!!」ですって。

可愛い対象がいると、人間平和ですね(笑)

 

 

 



社会を良くするためにできること

12月はとても忙しいので、年が明けて1~2月は時間の流れをゆっくり感じています。

暇、ってことです。

人間とは負荷がかかるとコンフォートゾーンが広がるので、毎年毎年疲れる閾値が高くなっているのは確かです。

しかし、診療に掛ける時間がある程度長くなると、比例するかのようにカラダが疲れて無理がきかなくなるので、カラダにとっては少々ゆっくりしていた方が楽なはずなのですが、、、昭和40年代生まれの私にとって、楽=悪い みたいなおかしな刷り込み教育をされてきたので、「もっと頑張らなくっちゃ!!」というド根性的なメンタルが心の底からフツフツと湧き上がってくるのです。

これって洗脳ですよね、なんだか薄々おかしいっていうのは気付いているのです。

だって、ゆっくりしているからこそ、様々な知識をインプットできる時間が確保できるし、幅広い知見を身に付けることができます。

読書時間が確保できます。

最近は尊敬して止まないお釈迦さまの教えに関する書物を読むこともできたし、気になっていた仏教美術の勉強会にも参加することができました。

仏像が気になって、京都へ行って仏像見学もできました。如来や菩薩を見て興奮したのは人生初めてでした。

京都では、ワールドシフト フォーラム に参加し、世界の環境問題や社会問題についての情報を得ることができました。

爆発的な人口増加、地球温暖化問題、食糧問題、核問題などなど。

今私達が生きる世の中(東京ですが)、おかしなことがたくさんあることに、私は薄々気付いています。

とても気になるのがエネルギーの無駄遣いです。

私の住むタワーマンションの廊下やエントランスホールの暖房が過剰です。部屋より暖かいのですから。

地下に駐車場があるので、雨の日でも濡れずに外出できます。

とても快適過ぎて、こんな生活をしていては温暖化や環境破壊は進む一方だと、悪いことをしている気分になります。

同じようなタワーマンションが、次から次へと建てられています。

無節操な建築ラッシュで、東京の景観は美しさからかけ離れたものとなっています。

歩いていても全然楽しくない。

しかしながら、都心は便利で、どこに行くにも近い。

新幹線も飛行機もすぐに乗れます。

東京白金で仕事をしている以上、田舎へ移り住むこともできない。

快適な生活に満足してることも事実です。

物事ははっきり白黒つけられるものではありませんが、より正しく生きていきたいという気持ちはますます強くなりました。

 

私は美容医療を通じて、より正しい生き方を模索し、それを実行します。

そしてクリニックに関わる人達に、もっともっと幸せになってもらいたいです。

お客様がクリニックに通って肌がキレイに変わってくると、「年を取ることが怖くなくなりました」とおっしゃいます。

その言葉を聞くことができたら、美容医療は成功だと思っています。

自分の外見を必要以上に気にすることがなくなり、老化に対して抱いていた恐怖が希望に変わること。

幸せとは、不安や恐怖から解放され、夢と希望が持てる状態にいることだと思います。

それは本人の気持ち次第でもあります。

 

 



注入治療

前回のブログでWest Side Storyのことを書いたところ、何人かの患者さんから「先生、私も観ましたよ!」と声をかけていただき盛り上がった次第です。

宝塚ファンの方、結構いらっしゃいます。

共通体験のお話は楽しいですね。

 

更新が月に1回のようなショボショボのブログにも関わらず、来院前に読んできて下さるのですから背筋が伸びます!

ちゃんと書きます、はい。

 

さて今回は『注入治療』について。

ヒアルロン酸とボトックス注入は、少しずつ若さを取り戻せる素晴らしい治療です。

若さを取り戻すだけではなく、老化予防効果もあります。

これら治療を18年間行っていますが、自信をもっておススメできます。

こんなにいい治療があるのに、やらないなんてもったいない!!

正しく情報提供して、理解を深めていただきたいと思います。

 

そこで、私自身の注入治療体験談をお知らせしま~す。

昨日は知人の同業ドクターに、ヒアルロン酸とボトックス治療をしていただきました。

治療する側も治療を受けることで、患者さんの気持ちになれるものです。

自分自身がいつも行っている治療を受けるのは、実に興味深い。

「あ~、こんな風に患者さんは感じているんだ」

久し振りの注入治療でしたが、信頼できる医師にやっていただくことは本当に有難いものだ、と身に染みました。

私も自分のクリニックで治療していると、よく「有難い」と言われるのですが、本当にそんな気持ちになります。

ヒアルロン酸注入は、表面麻酔をしていると痛みはほどんど気になりませんが、場所によって痛みが違うことが良く分かりました。

神経の走行に近い部分はやや痛みを感じます。

治療後2時間くらい経過すると、麻酔が切れるせいで注入した部位に鈍痛が起こります。

夜は結構痛いなぁと感じました。

呑兵衛の私も大好きなお酒を控えたほどです。

今朝起きたら、痛みはほとんど消えていました。わずかに鈍い痛みが残る程度です。

効果は自分が分かるくらい。

家族にもスタッフにも内緒で受けてきたのですが、誰も何も言いません。

この微細な変化が嬉しいのです。

女性に夢と希望をもたらしてくれます。

 

注入治療に少し興味を持っていただけましたか?

30分でぐっと気分が上がります 😉

気になる方は院長またはスタッフまでお声掛け下さいませ。

 

 



West Side Story

学生時代の友人と、宝塚宙組の『West Side Story』を観劇しました。有楽町の国際フォーラムです。

実は中学時代の文化祭で、友人らと『West Side Story』を自主公演したことがあり、とても思い出深い作品です。

私の通っていた中学には帰国子女枠があり、親友2人がニューヨーク帰りとテネシー帰りだったので、英語がとても身近にありました。

彼女らはネイティブだし、しかもダンスがとても上手でカッコいい。リズム感が違います。

80年代はディスコブームで、文化祭などでよく一緒に踊っていました。

また、歌が抜群に上手い女の子もいたので、もちろん彼女がマリア役。

そんな中学時代に思いを馳せながら・・・

そして、昨年は宙組公演に何度か足を運んだこともあり、役者さんのお顔も見慣れてきたところでした。

私は男役トップスターの真風涼帆さんがお気に入り。今回の公演がトップとしての初演です。

 

とにかく素晴らしくて、感動して、涙ポロポロ。

トニーとマリアの「Tonight~ tonight~~」で感動クライマックス!!

バーンスタインの曲も良いし、役者さん一人ひとりも役にぴったりで、いろんな要素の相乗効果でしょうか。

名作です。

もう一度観たいと思いました。

 

幸せな日曜日を過ごすことができ、感謝です。



2017年を振り返る

2017年、SALの最終便も無事業務を終ました。

クリスマスからのシミ取り『ルビー祭り』は大盛況で、この5日間いつくのシミを取ったか分かりません。

日本には大掃除という習慣があるように、お顔もキレイにして年を越したいと思うのが女性の心理なのでしょうね。

 

おかげさまで毎年患者数は増え続け、診療内容も増えているのですが、人間とは慣れるものです。

昨年までの12月は心身共に疲れ切っていましたが、今年は気持ちも体力的にも余裕を感じました。

2017年は年初からいくつか目標を掲げて、クリニックのレベルをより高める努力を続けました。

①スタッフ間のコミュニケーション力を高めること。

コーチングの先生をお呼びして、毎月研修を行いました。11月は長野にて1泊2日の研修合宿を行いました。なかなか上手くいかない時もあり、アップダウンの連続でしたが、最終的にはかなり良い結果を出せたと思います。スタッフ同士の相互理解が深まり、人として好きになっていると感じています。

私達クリニック(企業)のような組織にとって大切なことは、信頼関係とかコミュニケーション力などの『無形の価値』を高めていくことだと確信しました。ある程度の結果を出すまでには1年かかりましたが、諦めずに良い関係性の構築を信じて取り組み続けたことは本当に良かったと安堵しています。人を使い捨てにしては良い仕事はできません。育成する努力が必要です。子育てと同じですね。

②『サンデーエステ』を始めたこと

エステティック部門の確立は、ずっと前から考えていたことでした。理由の一つは、エステティシャンというスタッフの自立支援です。ようやく技術レベルの高いスタッフが揃い、またメンバー数も確保できるようになりましたので2017年9月より『サンデーエステ』を開始することができました。日曜・祝日・休診日にエステティックトリートメントをお受けいただくことができます。もう一つの理由としては、エステでのリラクゼーションや心地よさをお客様に提供したいという思いです。私も時々スタッフの施術を受けますが、上手で気持ちがいいな~幸せだな~と感じています。医療でお肌をキレイにするにはある程度の痛みと緊張を伴いますが、エステはリラックスできます。医療とエステの融合が大切なのです。

③クリニックのコンセプトムービー『素肌ルネサンス』を創ったこと

ファンデーションに頼らない素肌づくり。素肌で過ごせますよ、ということを世の中の人々に知って頂きたい思いで制作しました。お化粧品を塗らなければならない!という思い込みからなかなか抜け出せない女性に、塗らなくても大丈夫ですよ、ということをお伝えしたいのです。当院スタッフは全員ノーファンデです!よく驚かれます。

以上の3つが、2017年にやり遂げたトップ3でした。

 

この他にも、振り返ればいろいろなことを経験した1年でした。おそらく今までの人生の中で最も充実した1年間だったと思います。

学生時代から志していた美容医療に取り組み続けて18年。

お客様に結果の見える治療を提供して、キレイになって喜んでいただきたいという気持ちはますます強くなっています。

お客様とのお付き合いも長くなっているので、信頼関係の上で治療を進めることの楽しさも熟成されて面白いのです。

また、スタッフも心からお客様を大切に、クリニックのことを思って接客してくれることに胸が熱くなる思いです。

上手くいかないこと、反省することもたくさんありますが、クリニックの質を高めていきたいという思いは皆同じでしょう。

 

あれこれ今年を振り返ってみました。皆さまにとってはどのような1年でしたか?

来年も楽しい企画をたくさん考えます!

皆さまもどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。