院長ブログ


10周年 大盛況

2016年9月4日 白金ビューティフルエイジングクリニックは無事10周年を迎えました。
隣室302号室の改装工事も終わり、新しい空間を披露いたしました。

たくさんのお客様にお集まりいただき、感慨無量、感激一入でございます。
多くの方からお祝いのお花やお土産を頂きました。皆様の愛を感じ、私の心は華やぎました。
この場を借りて、お贈り下さった皆様に厚くお礼申し上げます。

イベントでは20畳程度のスペースに入りきらないほどでした。
料理研究家の松田美智子先生と、『食と美』についての対談を行いましたが、健康と美容意識の高いお客様たちは、それはそれは真剣に私たちのトークに耳を傾けて下さいました。
松田先生はさすが慣れていらっしゃいますので、私の質問に対してご自分のお考えを的確にお伝え頂くことができました。

対談のあとは簡単な立食パーティーです。
私の大好きな『獺祭スパークリング』と、松田先生のアペタイザー3点。
● 丸麦と海老、マンゴーのサラダ;麦でデトックスのサラダ
● 牛赤みのにんにく味噌漬けとセロリ、クレソンの和物;ダイエット補助と鉄分
● 小さいカラフルトマトのマリネ;アンチエイジングのリコピン

こちらも美味しい美味しいと大変喜ばれました。私は日本人に日本酒をもっともっと広めたいのです。日本酒を消費すれば、コメ農家も酒蔵も、日本の産業が発展しますからね。
純米酒は美味しいです。悪酔いするのは、醸造アルコールなど人工的なアルコールが添加されているから。お酒を選ぶときは、原材料が米・米麹だけの『純米酒』を選びましょう。

最近はパーティーというものを開いていなかったのですが、何か共通点のある者同士が集い、相手をリスペクトできる関係のパーティーは、心を豊かにしてくれるだけではなく幸福感を味わうことができます。そのパーティーには何かコンセプト・意味がなければただの飲み会になってしまいますのでちょっと無意味でしょうか。慣れないことですが、今回の10周年イベントを企画して学んだことがたくさんあり、これも大切な仕事だと実感しました。いくつになっても学びです。

ご出席して下さった皆様、本当にありがとうございました。
実際に顔を合わることがどれだけ嬉しいことなのか、ということも今回の気付きでした。私の大好きな、『無形の価値』です。これを積み重ねていくと、自分の魂が上がり幸福度が増すように感じています。

忙しい現代社会、忙しいを理由に『無形の価値』を置いてきぼりにせず、想い出のアルバムを増やしていきましょう!



エクセルV

気が付けばもう8月後半です。

9月の10周年イベントに向けて、新しい部屋の改装や準備に夢中でした。

9月4日(日)に行うイベントはこちら

8月上旬には美容皮膚科学会があり、ニキビ治療や美容皮膚科における漢方治療など新しい情報にも触れることができました。

そして、10周年を記念して始めました新レーザー『エクセルV』 

レーザーは精密機器で、寿命があります。流行もあります。(誰が作っているのでしょうね?)

私はレーザーピーリング(QスイッチNd-YAGレーザー)を愛して止みませんが、私の愛用してる『Naturalase』はこの10年大活躍でした。

だいぶ疲れさせてしまったので、何か変わりのレーザーを・・・と、3年前からいろいろ探していたところ、「ん?」と私の心を奪ったレーザーが、この『エクセルV』でございます。

私がセレクトするレーザーの特徴は、以下の通りです。

1.刺激が優しく、毎月続けられる治療

2.少しでも体感のある治療

3.レーザーのメンテナンスをしっかりやってくれそうな信頼できる会社(営業マン)

4.ランニングコストがあまりかからない=治療費を抑えられる

5.市場に出回ってから3年以上経過していること。

3年前に見つけて惚れ込んだのですが、諸事情により当時は時期尚早と判断し、購入は見送り。

そして今年は10周年記念ということもあり、満を持しての『エクセルV』購入です。

8月から早速治療開始しておりますが、やはりキレイになる体感があり、大好評でございます。

さて、この『エクセルV』にはどんな働きがあるのでしょうか?『エクセルV』からは3種類のレーザーが発振されます。

1.エクセルVホワイト(ロングパルス532nm)・・・徹底美白

2.エクセルVリフト(ロングパルス1064nm)・・・たるみをキュッと引き締め

3.ジェネシス(ロングパルス1064nm)・・・触りたくなる滑らか肌

※レーザーの細かい話は、また続きでご紹介します。

私の美肌治療に対するコンセプトとしては、“優しく長く続く治療”です。

そもそも、そんなに急激にキレイになって長持ちさせようとする発想に違和感を感じるからです。

私たち人間は、毎日食事(栄養)を摂り、それがエネルギーに変換させて生活を営んでいます。排泄物も出ます。

体調良く過ごすためには、日々の食事、運動、ストレスコントロール、嗜好品調節などの積み重ねが大切です。

髪の毛だって爪だって伸びるから、定期的にカットします。

お肌だって日々生まれ変わっているのだから、恒常性を邪魔しない程度に正しいお手入れをするかしないかで随分と違うはず。

いつもキレイが当たり前になるためには、“優しく長く続く治療”が原則です。

『エクセルV』は、まさに “優しく長く続く治療” にヒットしたのです。

特に、エクセルVホワイト+エクセルVリフトのコンビネーションがお勧めです。

ほぼ全員、治療直後から鏡を見て喜び、笑顔がこぼれます。

お帰りになる際はキラキラしています。

私も嬉しくなります。

ここ数年は、ボトックスとヒアルロン酸注入にばかり気持ちが入っていましたが、美肌の基本治療はやはりレーザーだと原点に返りました。

化粧品や都市伝説的な余計なスキンケアはやめて、きっちり効果の出せるレーザーフェイシャルを定期的に受けること。

そして、生活習慣を見直すこと。

美肌は一日にして成らずです。



注入治療を知ってください

先週から続けてヒアルロン酸をこめかみと眉尻に打つ手技をやっていますが、これがなかなか好評です。

目が少しパッチリしてリフトアップします。

こめかみの痩せが目立つ人ほど効果的のような感じがします。

頬も合わせて治療すると効果大です。

私の行っている治療は、主に3つです。

➀レーザーフェイシャル
➁ボトックス
➂ヒアルロン酸

細かいシミやほくろ取りなどもちろん行いますが、上記3つの治療だけでもお肌の印象はかなり良くなります。

10年以上行っている治療ですし、比較的安全で、美容医療では基本的な治療です。

自然な仕上がりを治療目標としていますし、びっくりするような顔になることはありません。

当院では➀レーザーフェイシャルが基本的スキンケアですので、こちらは毎月150人近くの方に受けて頂いています。

➁ボトックスや➂ヒアルロン酸を併用したらもっともっとキレイになれる!と思うお客様には、その良さを度々お伝えしています。

前向きな方は積極的に治療に取り組みますので、どんどんキレイになります。

しかしながら、注入治療をためらう人もたくさんいます。

その理由として、以下のようなことが考えられます。

1)よく分からないから怖い!
解決方法⇒治療について丁寧にお伝えしますので、ご安心下さい!ご不明な点は何なりとご相談下さい。

2)芸能人みたいな不自然な仕上がりがいやだ!
解決方法⇒私を含め、当院のスタッフがモデルです。よくご覧ください。その上ご判断下さい。
不自然な仕上がりは10年前の治療方法です。最新の方法はとても自然に仕上げることができます。
10年以上前に私に治療された母は、「顔が突っ張ってうつ病になりそうだったわよ・・・(笑)」と当時を振り返りますが、最近は「麻子さんの腕が上がったのね、全然気にならないわ。」と言ってくれました。

3)針を顔に打つなんて信じられない!
解決方法⇒痛みが怖いのですね。麻酔のクリームを使用すれば痛みを和らげることができます。その他にも冷却したり呼吸法を使うなど工夫をしています。
また、針を顔に刺す刺激だけでも“美容鍼”効果が得られ、お顔の血行が良くなりますよ。
あとは貴女の勇気だけです。

4)一度やったらやり続けないといけないのでしょう?
解決方法⇒そんなことは決してございません!残念ながら1回だけの治療で終わったとしても、その分だけの若さはお買い求めいただいたことになります。やめることでリバウンドし、老化が加速することはございません。ただし、一度良い状態を経験してしまうと、効果が切れた時にまた治療を受けたくなる傾向はありますね。

5)お金が支払い続けられるか心配。
解決方法⇒当院に通うと、毎月かかる化粧品代が不要になります。ワセリンと日焼け止めだけでO.K.
パックや美容機器も要りません。素顔で外出できるようになることが当院の目的です。お手入れも気持ちもとても楽になると好評です。面倒なお肌の悩みは一切お任せ下さい!ここに価値を感じていただけると嬉しいです。

美容医療の恩恵を受けられるようになった今。

こんな良い治療を受けないなんて、もったいなくて仕方ないと心から思う今日この頃。

ボトックスやヒアルロン酸で少しだけ時計の針を戻してみたい。

美容医療を楽しんでもらいたい。

自分のできる治療で、どんどん皆さんに喜んでもらいたい。

馴染みの患者さんとお話しをしていた時、「ああ、幸せな時間だな。」と実感したので、やっぱり私は患者さんと向き合うことが大好きなんだと再認識しました。それを夫に話したところ、「医者は基本的に皆そうでしょう。」と。喜んでもらいたいから、いろいろ頑張るのです。

だから、注入治療に踏み込んでいただけるよう、正しい知識をお伝えしていこうと思います。



ヒアルロン酸治療の最新情報

日曜日は朝から夕方までメーカー主催のヒアルロン酸注入治療勉強会に参加しました。

昨年まで毎年1回はアジア各国で開かれていたのですが、今年は東京で開催することに。

東京は便利ですが、海外の空気に触れるのも気分転換になるので少し残念。

さあ出かけましょうと思いきや、あれ、今日は参議院選挙ではありませんか!!「まずい、選挙に行ったら遅刻する。でも投票しないのも気になる・・・」結局投票してから会場に向かいました。

少し遅れて到着すると、会場には300人くらいでしょうか、たくさんの医師が会場を埋め尽くしている光景に圧倒されながらなんとか席を見つけて着席。

日々の診療もあり、休みの日を使って勉強しているのですから、皆さんの熱心さには脱帽です。

良い治療をしたいと思う医師の気持ちは共通なのでしょう。嬉しいことです。

今回の勉強会は、ヒアルロン酸を少量・適切な部位に適切な量を注入する方法のバージョンアップでした。

去年に続き、今年もブラジルから著明な先生が来日して教えてくださいました。

我々医師は、このような勉強会に参加し、ヒントを得て自分の治療に応用します。

50代女性に、実際注入するというライブデモをやりましたが、その美しい治療結果に感動です。

頬に注入だけではなく、こめかみや目尻にも注入することで目がぱっちり開きます。

目の下のクマが改善し、上眼瞼のくぼみも改善します。

垂れているまぶたを引き上げます。

顎に注入すると、口回りのシワが改善し、フェイスラインもきれいになります。

ヒアルロン酸注入でここまで変化できるのか、と驚く結果でした。

外科的手術にも負けないくらいのインパクトがありました。

早速、今日の診療後、スタッフのお顔を借りてヒアルロン酸注入実験。
「きゃ~目が開きやすいです~。クマの面積が小さくなっています! 頬の位置が上がっていますう~。フェイスラインが違います!!」大喜びでした。

私の考えでは、あまり若いうちからヒアルロン酸をどんどん注射するとエスカレートしそうなので、控え目治療を心がけています。

時にはお客様が希望しても、「もう十分ですよ」とお断りすることもあります。

ドクターによってアセスメントは違うでしょうし、治療方法も異なるでしょう。

適切な注入量は決められていませんので、このあたりは医師の美のセンスと哲学が大いに反映される部分です。

私は、「何かやった?」と、他人にばれない治療を目指しています。

やり過ぎた感が出てしまうと、品が失われるような気がするからです。

加齢変化で失われたハリを少し取り戻すようなイメージで治療しています。

ちょっと足りないくらいが良いのかしらと思っています。



肌断食より見えてくるもの

15年前、北里研究所病院に勤務していたころ、スキンケアのやり過ぎで皮膚のキメが消失しテカテカになっている人がたくさんいました。

最近、そこまで皮膚が薄くなってしまった人に出会うことは少なくなりましたが、反対にゴワゴワになってしまったというお客様によく会うようになりました。

当院には『お化粧品を止めて素肌をキレイにしたい!』という明確な目標がある方が来院されます。

これは著書『化粧品にたよらない素肌美人のつくりかた』の影響です。全国から来院されます。

「肌断食をしているけれど、これで本当に大丈夫かしら?」という方が、現在の肌状態を知りたくて来院されます。

化粧品を止めたらどうなるか? だいたい以下の2パターンに分類されます。

1)「肌断食をしたところ、化粧品をたくさん使っていた時と変わらなないから必要なかったということね!」
・・・これは肌ダメージがあまりなかった人です。ラッキーです。

2)「肌断食をしたら皮膚がガサガサになって赤くなって(ひどい人は痒くなって)大変!」
・・・これは今までに受けた肌ダメージが強すぎる人です。程度の差はありますが。

化粧品をやめたら肌が悪化した人たちに共通することは、過剰なスキンケアを長年続けていたことです。
長年というのは10年以上です。
そして、ビニールのような光沢のある薄い皮膚になっていたということです。

最近は化粧の低年齢化もあり、早い人だと10代から塗りまくっているケースも。若いから興味もあるのでしょう。
塗りまくって塗りまくって、「あれ、何かおかしい。化粧品が合わなくなったわ。」と気が付くのが30代。
肌の老化を感じるのも同じ頃。
これはまずいと肌断食をしてみたら、角質がごわごわになってあら大変!赤みも出て、このままでは外出できない!
でも、お化粧品に戻ったところで納得のいく肌になるわけではない。どうしましょう・・・

理解力のある方で、長い目で物事を捉えることが出来る方は、1年間化粧品を止めて耐えてみたという人もいらっしゃいました。
そうしたらだいぶ良くなったとか。その根性、尊敬します。

その後、当院に通って頂いている方は、分厚い角質(ごわごわ)は改善し、皮膚の炎症も落ち着いてきています。
当院ではレーザーピーリングを行います。
このピーリング力が凄い!

先日、ごわごわした角層にミネラルファンデーションが絡み付き、石けんでもクレンジングでも落とすことができないという症例に出会いました。
さあ、困った・・・
レーザーを照射すると、ファンデーションの金属成分と反応してバチバチと激しい音が出ます。
こんなに残っていたら難しいな・・・
と思いながらも、レーザーを当ててみました。
すると、びっしりこびりついていたミネラルファンデが角層とともにきれいにピーリングされました。
クレンジング剤よりもよほど汚れが取れます。しかも擦らずに。
レーザーピーリングのパワーを感じました。

それにしても、長期間に渡る化粧品の過剰使用によりいかにお肌を傷めているか!という事実が問題です。

10代からのスキンケア教育の必要性を感じました。いや、赤ちゃんからですね。
適度なUVケアだけしていれば十分なのです。
化粧水も乳液もファンデーションもクレンジングもパックも不要です。
タオルやスポンジで擦るのもダメです。

中高年になっても、元気な素肌で過ごせることがどれだけ貴重なことでしょうか。