院長ブログ


肌断食より見えてくるもの

15年前、北里研究所病院に勤務していたころ、スキンケアのやり過ぎで皮膚のキメが消失しテカテカになっている人がたくさんいました。

最近、そこまで皮膚が薄くなってしまった人に出会うことは少なくなりましたが、反対にゴワゴワになってしまったというお客様によく会うようになりました。

当院には『お化粧品を止めて素肌をキレイにしたい!』という明確な目標がある方が来院されます。

これは著書『化粧品にたよらない素肌美人のつくりかた』の影響です。全国から来院されます。

「肌断食をしているけれど、これで本当に大丈夫かしら?」という方が、現在の肌状態を知りたくて来院されます。

化粧品を止めたらどうなるか? だいたい以下の2パターンに分類されます。

1)「肌断食をしたところ、化粧品をたくさん使っていた時と変わらなないから必要なかったということね!」
・・・これは肌ダメージがあまりなかった人です。ラッキーです。

2)「肌断食をしたら皮膚がガサガサになって赤くなって(ひどい人は痒くなって)大変!」
・・・これは今までに受けた肌ダメージが強すぎる人です。程度の差はありますが。

化粧品をやめたら肌が悪化した人たちに共通することは、過剰なスキンケアを長年続けていたことです。
長年というのは10年以上です。
そして、ビニールのような光沢のある薄い皮膚になっていたということです。

最近は化粧の低年齢化もあり、早い人だと10代から塗りまくっているケースも。若いから興味もあるのでしょう。
塗りまくって塗りまくって、「あれ、何かおかしい。化粧品が合わなくなったわ。」と気が付くのが30代。
肌の老化を感じるのも同じ頃。
これはまずいと肌断食をしてみたら、角質がごわごわになってあら大変!赤みも出て、このままでは外出できない!
でも、お化粧品に戻ったところで納得のいく肌になるわけではない。どうしましょう・・・

理解力のある方で、長い目で物事を捉えることが出来る方は、1年間化粧品を止めて耐えてみたという人もいらっしゃいました。
そうしたらだいぶ良くなったとか。その根性、尊敬します。

その後、当院に通って頂いている方は、分厚い角質(ごわごわ)は改善し、皮膚の炎症も落ち着いてきています。
当院ではレーザーピーリングを行います。
このピーリング力が凄い!

先日、ごわごわした角層にミネラルファンデーションが絡み付き、石けんでもクレンジングでも落とすことができないという症例に出会いました。
さあ、困った・・・
レーザーを照射すると、ファンデーションの金属成分と反応してバチバチと激しい音が出ます。
こんなに残っていたら難しいな・・・
と思いながらも、レーザーを当ててみました。
すると、びっしりこびりついていたミネラルファンデが角層とともにきれいにピーリングされました。
クレンジング剤よりもよほど汚れが取れます。しかも擦らずに。
レーザーピーリングのパワーを感じました。

それにしても、長期間に渡る化粧品の過剰使用によりいかにお肌を傷めているか!という事実が問題です。

10代からのスキンケア教育の必要性を感じました。いや、赤ちゃんからですね。
適度なUVケアだけしていれば十分なのです。
化粧水も乳液もファンデーションもクレンジングもパックも不要です。
タオルやスポンジで擦るのもダメです。

中高年になっても、元気な素肌で過ごせることがどれだけ貴重なことでしょうか。



愛する対象

仔犬が我が家にやってきました!

犬を飼うことに対して長らく躊躇していたのですが、生き物大好きな息子の情操教育にと思い決心。

チワピンです。
image

連れて帰り家に入るとき、初めて長女を産んで病院から連れて帰った時と同じ感覚がよみがえりました。

ワンちゃんを溺愛する人たちの話を一歩引いて聞いていましたが、なるほどこういうことか、と理解できました。

仕事を終えて私がいそいそ帰ろうとしていると、「先生、肌艶いいですよ~。ワンちゃん効果ですね。」と。

スタッフの渡邉がいつも肌艶いいなぁと思っていましたが、彼女にも愛犬がいます。

恋する女性も何だかきれいですよね。

愛する相手がいることは何より心がときめきます。

それが恋人でも、家族でも、友人でも、ペットでも。

美しくなるには、まず愛する対象を見つけましょう!

幸せホルモン(=セロトニン)がバンバン出ますよ。

40代になって、何だかゆとりが出てきたのでしょうか。

毎日が楽しいです!

仕事も充実しています!



高知を訪ねて

image

沈下橋

高知へ行ってきました!

曇り~雨の予報が外れて晴れました!!

厳しい紫外線を感じましたが、ヘリオケア(飲む日焼け止め)を1日2回内服し、レイドラテラポーを塗って日傘の万全対策により、日焼けせずに過ごすことができました。初夏の涼しい曇った日は危険です。UVケアを怠って気づいたら日焼けの跡が・・・ということ、ありますね。

四国の歴史と自然に触れ英気を養い、美味しい魚とお酒に舌鼓を打ちました。

上の写真は高知城。
下は仁淀川の沈下橋です。
良く見ると、橋の柵がありません。こうすることで、川の氾濫によって橋が流されにくくなるそうです。
中央でジャンプしている小さな人は私。

旅は私にとっての生きる力。

好奇心を刺激し、知識欲が高まります。

感動の連続。

そして何より大切なことは、何処へ行くかよりも『誰と過ごすか』ということ。

一緒に遊びを楽しめる仲間が必要です。



今日の日本酒

image

左は獺祭の純米大吟醸50 獺祭は10年以上前から大好きなお酒です。数年前に大ブームになり一時入手困難になりましたら、今は恵比寿三越に獺祭専門店が出来ましたので、いつでも買えます!すっきり飲みやすいので、どんなお食事にも合います。

右は岩手県の純米吟醸あさ開 近所のスーパーで購入したものです。辛口のきりっとした味わいでした。

丁寧に作られた純米酒は本当に美味しくてすっきりしていて、安酒特有のエタノール臭はありあません。

「日本酒は翌日に残るから・・・」と敬遠している友人もいますが、良いお酒を選び、同じ量のお水を飲みながら楽しめば、1~2合で翌日に残ることはありません

お酒という素晴らしい日本の伝統技術を世の中に広めたいものです。



今日の日本酒

image

最近、日本酒の美味しさに魅了され、日々晩酌で楽しんでおります。

これは、福生にある石川酒造の生酒。フルーティーでまったりとした味わい。感動のお味です(^_^)

成人日本人が毎日1合飲めば日本の減反政策が解消されるそうなので、内需拡大に貢献しています!