院長ブログ


冬のスキンケア

今年は家族に受験生がいないので、平和な1~2月を過ごしています。

先日、毎年恒例のスキーへ出かけました。晴天の中、中学生の息子に『飲む日焼け止め』を飲ませたところ、その効果を確認することができました。

男子は日焼け止めを塗りたがらないので、純粋に内服の効果だと思います。

患者さんやそのご主人も、海へ行ったりゴルフをする時に内服しているようですが、なかなかの評判です。

冬でもスキーをしたり、ハワイへ行く方などアウトドア派の方におススメです。

 

冬のスキンケアについて、少しお話ししましょう。

冬だから、乾燥するからと言って保湿剤を重ね塗りする必要はありません。

皮膚が元来、素晴らしい保湿能力を備えています。

正常な機能を持っていれば、冬だろうと乾燥しないのです。

私のクリニックに通っている患者さんたちは、年中肌状態が安定しています。

洗顔後だってつっぱらない人、たくさんいます。

「洗顔したらお肌がつっぱるので、美容液を足してもいいですか?」

などと聞かれることがありますが、塗らなければならない状態は皮膚が不健康であることの証。

まずその点を理解していただきたい。

化粧品を塗り重ねたところで皮膚が健康になるわけではありません。

塗ることで安心しているだけのような気がします。

本質的に健康な皮膚を手に入れたくありませんか?

 

女性は肌にいろんなものを塗り過ぎているようです。

下地とかファンデーションを塗るから、クレンジングや洗顔料で洗い落とすことになるのです。

だから、ファンデーションなんて塗らない方が良い。

特に乾燥肌でお悩みの方は、洗顔によってどれだけ肌が乾燥するか知っていただきたい。

洗うことで乾燥は悪化します。

まず、洗顔料による洗顔を止めればいいのです。これだけでも随分回復するものです。

ぬるま湯でササッと流して終わり。

洗顔後は皮脂膜が流れてしまうので、皮脂分泌が少ない人は、乾燥小豆半分(冬は小豆一個分)のワセリンを手のひらに伸ばして肌に乗せます。

基本これで十分。

 

ただし、オイリースキンで肌断食に難渋する人もいます。

角質がゴワゴワ体積して、皮脂分泌が多くて、吹き出物が出たり、赤くなったり、かゆくなったり・・・

スキンタイプによって、当然スキンケアも工夫が必要なので、分かりやすいようスキンタイプ別のスキンケアをまとめています。

 

目指すところは、「ファンデーションに頼らない素肌づくり」

シンプルにすっきりと暮らすこと。

今は物欲ゼロの私ですが、幼少期はモンスター物欲番長でした。

その負の遺産が「8段飾りひな人形」

お雛様8段

大騒ぎして祖母に買ってもらったのですが、大き過ぎますよね・・・

最近飾っていなかったのですが、クリニックが広くなったので、今年はスタッフルームにど~んと飾ってみました。

過去の自分への戒めです。

お雛様小

ちいさな御内裏様とお雛様は、開院してから母が作ってくれた木目込み人形。

診察室に飾っています。

このサイズですと、保存にも場所を取らずコンパクトで最適です!

 



成功とは何か

長年美容医療をやっていますと、

「若い時のほうが肌が乾燥していたので、今のほうがキレイだと思う」

このような話をよくお聞きします。

40代より60代のほうが肌がキレイ。

今が一番幸せ!

 

昨日、スタッフとのミーティングで

「成功とは何か」

について意見を出し合いました。

夜、高校生の娘に質問したところ、

「自分が幸せに感じられたらいいんじゃないの?」

 

年は取りたくない、老けていく顔が怖い、鏡を見るのが嫌、、、などと言いますが、美容医療が成功した場合の表現を列挙してみましょう。

「今のほうが昔よりきれい。」

「顔のことが全く気にならなくなりました。」

「何も塗っていないけれど乾燥しません。皮膚は自分で潤うんですね。」

「素顔でいられるようになりました。」

「年をとるのが怖くなくなりました。」

 

治療だけではなく、通院自体が快適で幸福感に満ち溢れるサービスを提供することが、我々の役割だと思います。

何を幸せと感じるかは人によって違いますから、一人ひとりのニーズを的確に察知して、期待以上にお応えできることがクリニックの成功なのでしょう。

 

皆様にとっての「成功」とは何でしょうか。



真理の追究

1月終わりです。

年明けは、悩みや怒りの感情で心が曇ることが続きました。

天気のように、雨の日もあれば曇りもある。雷も台風もある。決して晴れの日ばかりではありません。

人の心もそのようです。

できるだけ心穏やかに、明るい気持ちで過ごしていたい。

仏教哲学の話を聞きに行きました。

心理学にも触れました。

映画『沈黙』では宗教について深く考えさせられました。

自分の仕事についても、今後どのようにやっていきたいのか?と思いを巡らせました。

 

愛犬ムニエルの避妊手術もあり、家で犬と過ごす時間も長く、自分の心をじっくりと見つめることができました。

 

“Truth is universal ”(真理は普遍的である)

 

最近は自分の行動や判断に対して、

お釈迦さまは、お天道様はどうお考えになるのだろうか?

と問うようにしています。

 

今日お会いした中小企業の社長さんはとても良いことを仰っていました。

「大成功する人はほんの一握りの人。自分にはできない。でも、小さな成功であれば、小学生が身に付けるような道徳観念を忠実に守れば出来ると思う。私の成功哲学はそこにある。」

従業員や家族を大切に思う気持ちが溢れているのが伝わってきました。

 

真理の追究は続きます。

 

 

 



謹賀新年

本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年もクリニックは嬉しいことに大繁盛、12月は本当に疲れました。

お正月休みは初めて予定も入れずにゆっくりと過ごしました。

体の疲れはだいぶ取れ、大好きな読書が進みました。

『統計学が日本を救う(西内啓著)』は、少子高齢化や貧困など社会問題を考えるにあたり、豊富な統計データを示しながら解決方法を考えるという主旨の本でしたが、大変考えさせられる本でした。これを読むと、子育て支援は国を挙げて真剣に取り組まねばならないことが分かります。社会保障や医療経済のことも大変詳しく書いてありますので、お勧めの一冊です。

本当は社会学とか政治・経済にとても興味があるのですが、日々の診療に集中していると脳が疲労して社会のことに関心が薄れてしまうのが現実。あやふやな知識で社会問題を議論するのは不本意なので、定期的に情報をインプットしないと気がすみません。

休日に集中して読書することは気分転換になりますし、やる気が湧いてくるものです。

 

昨年当院は10周年を迎え、美容医療クリニックとしてはかなり充実した診療ができるようになりました。

老いる寂しさを和らげることに関しては、お役に立てているような気がします。

とにかく楽しく、美しく、「ここに来るだけでキレイになれそう♪」と言っていただけるように心がけています。

そのためには120%くらいの元気を貯めておかないと良い空気は作り出せません。

今年もさらなる元気とやる気を充電するために、スタッフと協力して楽しいことを経験していきたいと思います。

 

私は家族から、友人から、恩師から、お客様から、関わってきた数々の人から人生の学びを得ました。

まだまだ不十分なところも多く、とくに母親として未熟な部分は多々あります。

院長としてクリニックを経営していますが、今でも迷うこと、反省することばかりです。

それでももう40代半ば。人に“与える”立場となりました。

お客様もスタッフも家族も、私に関係する人たちを幸せにしてあげたい。

自分の持つリソースで何を提供できるか?

足りないもので補うべきことは何か?

いつもそんなことを考えています。

 

今年はより丁寧な診療を行い、無駄のないシンプルな生活に磨きをかけます。



仕事と遊び

目黒川はピンク色イルミネーションが輝き、クリニックには真っ赤なポインセチアとクリスマスソング。

「今年も終わりですねぇ、本当に早いこと。」

あぁ、またこの季節がやってきました。

師走というだけあり、何となく気忙しい12月。

診療は気持ちが集中するので脳が疲労します。

キレイになれる希望と喜びを感じていただけるよう、スタッフともども全力投球。

9時から17時頃まで診療すると私の集中力は途絶え、脳が興奮状態になってしまうので、なかなか落ち着きを取り戻せません。

最近、クールダウンするまで時間がかかるようになりました。

 

子供が小さかった頃は、早く帰らないと!迎えに行かないと!と、物理的時間に追われていましたが、今はそうでもなくなったからでしょうか。

気持ちは結構ゆったりとしているのです。

「先生はお忙しいでしょう・・・」と良く言われますが、嫌なことは遠ざけているせいか、それほど忙しいと感じていません。

自分時間も確保できるようになりました。

休日に愛犬を膝に乗せて読書する時間が至福です。

 

今年はたくさん旅行もできました。

振り返れば毎月どこかに出かけていましたね。

東京を脱出し、大自然や知らない土地に触れることが私のエネルギー源。刺激やインスピレーションがあります。

遊び時間を確保しながら仕事では目標を達成することは譲れないので、遊びも仕事も真剣にならざるを得ません。

美容医療は夢のある仕事ですから、楽しくパワーを充電しないと良い仕事は出来ません。

 

子供の頃から遊び大好き、遊ばない人生なんて考えられないと育ってきました。

両親も良く遊んでいました。

でもちゃんと働いていました。

 

遊ぶのにも相当エネルギーを使います。

だから真剣。

 

遊ぶために働く。仕事のパフォーマンスを上げるために遊ぶ(脳の休息)

これ、私の人生哲学です。

 

※ちなみに私の遊びとは、テーマのある旅、歴史や文化・芸能に触れること、スポーツ、知らないことを学ぶこと、日本酒について掘り下げること、楽しい仲間と美味しいものを食べることなどです。