院長ブログ


一眼レフ

今月はじめ、誤って一眼レフのデジカメを落としてしまい、カメラは無事でしたがフラッシュが壊れてしまいました :cry:

診療で使う大切なカメラです。シミやシワなど撮影しています。

私がこの美容医療の世界に入ってから、カメラは診察で無くてはならないものでした。

美容というよりも形成外科の世界ですね。

北里研究所病院に勤務していた時に、先輩医師にある程度使い方を教わりましたが、基本的なカメラの知識がなく、恥ずかしながら最初にすべて設定してもらい、マニュアル通りに使っていただけでした・・・

すぐにフラッシュを買い替えて交換したのですが、光の具合がどうも上手くいかず、思うように撮影できません。

よくよくカメラを触ってみると分からないことだらけ!!!

これではプロ失格!と思い、知人に頼ってプロのカメラマンさんに一眼レフについて教えていただきました。

しぼりやシャッタースピードなど基本的なことを少しだけですが、何とか納得できる写真を撮れるようになりホッとしています!

最近はボトックス治療が多いので、表情ジワの撮影には欠かせません。

きちんと写真撮影できれば、治療効果も一目瞭然でお見せすることができますので効果的なのです。

フラッシュが壊れたことで写真の重要性が身に染みました。