院長ブログ


顔コリにボトックス

当院が力を入れている治療「ボトックス」

ボトックスと言えば、顔のシワ取り治療として認識されていると思いますが、

実は究極の『老化予防』治療なのです。

顔には表情筋があるので、難しい顔をしたり、驚いたり、笑ったり、悲しんだりと、人の表情筋は常に動いています。

筋肉が動くことによって皮膚も一緒に動きます。

皮膚が動くと、骨と皮膚をつなぎ留める靭帯がだらんと伸びてしまい、皮膚と骨の密着が悪くなります。

これがたるみの原因です。

特に目の周りの老化がポイント。

お年寄りの目をよく見ると、上まぶたの皮膚が伸びて覆いかぶさっていることが分かります。

毎日2万回も瞬きをしていれば、加齢とともにまぶたの皮膚がたるむのは当たり前です。

たるんだ皮膚が邪魔なので、眉毛を挙上させることで目を見開きます。

眼と眉毛の距離が長くなるのです。そしてますますまぶたの皮膚がたるんでしまいます。

悪循環・・・

皮膚のたるみを予防するには、筋肉の過剰な動きを止めておくこと。

そのための「ボトックス」なのです。

 

加齢とともに必要以上に筋肉は緊張するものです。

特に目の周りは要注意。

スマホを見ながら眉間にシワを寄せている貴女、大丈夫ですか?

視力が悪いので、難しい顔をしていませんか。

目を大きく見せようと、額にシワを寄せて眉毛を上げている人。

かわいいのですが、笑うと目がつぶれちゃうくらいクチャクチャに笑う人。

上記に当てはまる人は、とにかく皮膚がたるむ前に、シワが刻まれる前に、できたら30代のうちからスタートしたい治療が「ボトックス」です。

※ちなみに私は35歳からスタートしました

 

老化予防以外にも嬉しいおまけがあります。

それは、顔のコリが取れるということ。

眉間や額のあたりが凝ってくると、「ボトックスが切れたので打って下さい」とおっしゃる方々がいます。

去年あたりから、私自身もそれを実感するようになりました。

ボトックスが切れてくるとシワも寄りますが、目の周りが凝って疲れるようになりました。

頭痛もします。

先週、耐えかねてセルフボトックスをしたところ、翌日からぐっと楽になりました。

顔がスッキリした気分です

目元もはっきりするし、皮膚にツヤが出るし、効果抜群。

心からいい治療だなぁと感じています。

30代のスタッフも全員受けている治療です。

 

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。