院長ブログ


9周年とレーザーピーリング

2006年に開院して、今月で9周年を迎えました。

日々の診療と、直面している問題解決に取り組んでいたら、あっという間に9年が過ぎてしまいました。

肌や髪を根本から健康的に整えるための方法を模索していたら、肌断食と湯シャンにたどり着きました。

化粧品の使用をやめることで、肌への負担を軽減し、マイナスのコンディションをゼロに戻します。

肌断食をしたら肌質は元気になりますが、老化した皮膚が美しくなるわけではありません。

『美しい』ということは、シミ・くすみなどの色むらがなく、シワやたるみなどの凹凸のない滑らかな輪郭を意味します。

肌を美しくするには、Q Nd-YAG laser(レーザーピーリング) は必須です。

Q Nd-YAG laserは、一般的に「レーザートーニング」という治療名で2008年頃から盛んに行われるようになりました。私は北里研究所病院での勤務医時代から15年間以上の治療経験があり、長期間にわたり大きな副作用も無く安全に続けています。毎月100人以上の方が受けていますし、100回以上受けている患者さまも数人いらっしゃいますが、どんどん肌がきれいになる治療なので、治療回数は増える一方です。30回以上繰り返し受けて頂くと、驚くほど肌がきれいになるような印象です。近日中に、当院でのレーザーピーリング治療データをまとめてご報告する予定です。

レーザーピーリングは、弱った皮膚の細胞へ適度な刺激を与えることで、肌の新陳代謝を改善させ、自己の素肌力を高める効果があります。

①シミ・くすみを破壊し、追い出します。

②古い角質を取ることで、新しい細胞の新陳代謝を促し、肌質が改善します。

③熱刺激で繊維芽細胞を刺激し、コラーゲン産生を高めることで肌にハリが出ます。

1秒間に10ショット出る細かいレーザーを顔全体に連続照射することで、お肌はどんどん綺麗になります。

もやはレーザーピーリングなしのスキンケアはあり得ないと言って過言ではありません。

レーザーケアを続けているからこそ、日々は水洗顔のみでも肌が整うのです。

キメが整い、サラサラとしたハリのある肌です。

これからも、もっともっとレーザーピーリングの良さを広めていきたいと思います。

10年目もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 



野生化

今年の夏は、新たなる「野生化(自然回帰)」へチャレンジすることができました。

一つ目は、日焼け止めの使用を止めてみたこと;                         1日京都観光と、テニスをした2日間の合計3回だけ塗りました。日焼け止めを塗らない方がキメが整い、肌コンディションは確実に良かったのですが、少し日焼けしました。ひと夏でシミが濃くなることはありませんでした。

二つ目は、一度もシャンプーを使わずに済んだこと;                       脱シャンプー生活も6年目に入り、皮脂バランスは安定して絶好調です。

6月に出版した「化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた」のおかげで、最近ようやくシャンプーを止めたり減らしたりする人が増えています。

現在、経過をデータまとめていますので、ある程度まとまりましたら改めて報告したいと考えています。

 

先日、中学生の娘に、

「お母さんは、大人の生き方を身につけた野生動物だね。」と言われました。これには、スキンケア以外の意味が含まれているのですが・・・

野生化したスキンケアが、いかに肌や髪を健康にするかということを、身をもってレポートし続けて参ります!

 

年齢なりの新陳代謝がきちんと繰り返される肌と髪を整えることが美の秘訣です♪

40歳過ぎたら、シミやシワがあって当たり前。毛穴だって若いころよりは目立つようになります。

それを一つ一つ気にして消すような治療をすると、不自然美階段まっしぐら :cry: です。

いつまでも20代のイメージを引きずるのではなく、年齢相応でも内面から滲み出る、自信に満ち溢れた表情を作ることができる美容医療を行いたいと思います。

 



蜩 晩夏 

暑さも僅かに和らぎ、甲子園も終わり、街のショーウィンドーはすっかり秋の装いです。

この時期に蜩の鳴き声を聞くと、ゴルフ場の終盤ホールを思い出します。学生時代ゴルフをやっていたので、その時の印象がとても強く心に残っています。

もの悲しいですが、切なしさと愛おしさも兼ね備える大好きな音色です。

しかし、東京白金では蜩の鳴き声、聞こえてきません!ミンミンゼミの勢いも弱っているように感じます。

ああ、それはクリニックの外壁工事の影響でしょうか。

毎日、「ブィーン、ブィーン!!!」という騒音で、心安らぐ自然音響がかき消されているのかもしれません。

患者さまもがっかりされているのではないかと心配していますが、気にしてもどうにもなりませんので、その分は私やスタッフの明るさでカバーしたいと思います。

 

さて晩夏に思うこと。

我ながら感激していますが、今年の夏は一度もシャンプーを使っておりません。

昨年までは、何となく脂っぽくなったので2~3回は使っていましたが、今年は「セロ」です。

湯シャンを始めて6度目の夏、ようやく理想的な皮脂バランスを手に入れました。天然のサラサラ感があります。

最近、書籍『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』の影響もあり、周囲にシャンプーを止めた人がボチボチ増えてきています。

嬉しいお声もたくさん耳に入るようになりました。

患者さまやそのご家族が多いのですが、メールでも「においが気にならなくなりました!」などの反響もございます。

これはきちんとまとめて資料を作らなければならないと思いますので、まとまりましたら改めて報告したいと考えております。

目指すは『自然派美容医療』です。



肝斑とトラネキサム酸

日本人に多いシミ「肝斑」

隠れ肝斑も含めると、日本人女性の70~80%に認めると言われています。

この憎き肝斑への救世主が「トラネキサム酸」であります。

トラネキサム酸(商品名:トランサミン)は、薬局でもトランシーノという商品で販売されています。

トラネキサム酸は、1960年代から医療現場で薬として処方されています。病院では、抗炎症・抗アレルギー作用があるため、風邪などに伴う扁桃腺炎・咽頭炎の治療のために使われたり、止血剤として出血を抑えるために使用されています。

市販の風邪薬にも含まれている成分です。

このトラネキサム酸を慢性蕁麻疹の患者さんに投与したところ、たまたま併発していた肝斑が改善されたという報告が1979年に日本で発表され、それ以降肝斑の治療にトラネキサム酸が使用されるようになりました。もちろん保険適応外です。

このような発見をされる医師は素晴らしいですね。

そのおかげで、今や肝斑で悩む女性にとってトラネキサム酸内服とハイドロキノン外用剤は必須で、肝斑をだいぶ薄くすることができるようになりました。

先月の美容皮膚科学会では、「肝斑患者115例に1日2回朝・夕食後に8週間経口投与したところ、改善率70.2%で、1日3回内服と比べても同等の効果がある」という報告がありました。

先日も結構目立つ肝斑の患者さまが来院され、トラネキサム酸とビタミンCクリーム・ハイドロキノンクリームを処方したところ、1か月後には目に見えて薄くなっていました。

肝斑を薄くするのであれば、内服と外用剤だけでも十分効果があります。

残念ながら20%程度の人には十分効果が見られないこともあり、その場合はQ-Nd YAGレーザーを併用します。

しかし、純粋な肝斑だけの肌というのはほとんどなく、小さな老人斑やソバカスが混在しているケースが多いので、肌の質感とハリの向上させるためにも、Q-Nd YAGレーザーは治療の基本として捉えています。

肝斑の発生原因は3つあります。

1.スキンケア・・・お化粧品を擦り込んでいませんか?

2.ホルモンバランス・・・肝斑は30~40代女性に多いシミで、妊娠中に悪化します。

3.紫外線・・・夏は濃くなります。UVケアに気を付けてください。

私もトランサミンを内服しています。

肝斑はありませんが、内服すると顔色が良くなる気がします。



抜け毛

学会で仕入れたネタをもう一つ。

1分間のブラッシングで抜ける毛の本数について。

20~40才  10.2本

41~60才  8.9本

だそうです。これ以上抜ける方は要注意! ということです。

しかしながら、毛の抜け具合は日によって違うような気がします。

ブラシの質でも違うような気がするのですが・・・

1日に100本くらいは抜けるようです。

 

私はシャンプーを止めてから、抜ける毛が少なくなりました。

お風呂場で抜けた毛を集めてごみ箱に捨てる習慣がありますので、良く分かります。

髪の毛は、見た目の美しさを左右しますので、大切にしたいですね。