院長ブログ


自己治癒力

当院トップクラスの美肌の持ち主を施術していた時のこと。

あまりにも透明感のある白い肌

ハリも申し分なし。

表面の滑らかさも抜群。

左手の指で肌を触りながら、右手でレーザー照射をするのですが、

視界に薄ら汚れた手が浮かび上がり、絶句

可哀想な私のおてて

これからは、自分でレーザーをあてないと!

ハンドレーザー、好評です

 

さて、本日の話題は『自己治癒力』について。

私たちは、元気な時もあれば元気がない時もありますよね。

仕事や人間関係など、ストレスだらけ。

これらストレスをさらりとかわせる人はラッキー。

真に受けてしまうと、体のあちこちに不調を来たします。

私が外来で気づく症状を挙げてみます。

●胃腸の痛み、便秘、下痢などの消化器症状

●円形脱毛症、眉毛や睫毛の部分脱毛

●ニキビや湿疹、蕁麻疹など肌荒れ

●口唇ヘルペス、帯状疱疹

●肩こり・腰痛など筋肉の痛み

●不眠

●抑うつ状態

 

私は研修医の頃、忙しすぎて寝る時間も十分に取れず、疲労困憊の日々を過ごしていました。

それでも、この苦労が未来へ繋がる希望があったので、全ての経験は有意義なものと感じながらハッスル

しかし体は悲鳴を上げており、2年間自力で排便することが出来なくなってしまったのです。

下剤を内服しないと1~2週間経っても全く出ません。

翌朝、必ず休める日を狙ってコーラックを飲み、無理やり出すことを2年間繰り返していたのです

下剤に慣れてしまうと、自力で出すことはもはや不可能

さらに胃痛にも悩まされ、強い胃薬が手放せませんでした。

私は胃腸が弱いな~と20代から自覚していました。

 

しかし、妊娠・出産を経験すると、便秘も胃痛もすっかり治り、薬とおさらば

自律神経失調だったのでしょうね。

普通に食事をして、夜の睡眠を規則正しく確保することが健康の基本です。

そしてストレスを溜めないこと。

 

私たちの体は、環境に適応して治ろうとする自己治癒力が備わっています。

元気のないとき、不調な時に、安易に薬に頼らず、まずは食事・睡眠・ストレスをコントロールしてみて下さい。

そして、どんな時に体のバランスを崩すのか意識してみると良いでしょう。

嫌なことやストレスからはなるべく距離を置くことです。

運動で体をリフレッシュさせたり、

心の訓練で物事の捉え方を変えることはできます。

 

化粧品で傷んでしまった肌も、化粧品を減らし刺激を控えることで、だんだんと再生してきます。

肌のキメが回復したり、

赤ら顔が目立たなくなったり、

水分・皮脂バランスが整ってきます。

 

寒くなる冬は、血の巡りが悪くなり、体調を崩しやすくなります。

皆様も是非、自己治癒力を高める生活を心掛けてみて下さい!