院長ブログ


幸せホルモン

皆さん、幸せホルモン出していますか?

 

クリニックあるある!を一つご紹介しましょう。

~診察室での会話~

院長:「A子さん、今日は顔色が良いですね。元気に見えますよ。」

A子さん:「昨日まで肌荒れしていて、頬が赤かったんですよ。すごく落ち込んでいたのに、今日は治ってしまいました

院長:「キメも整っているし、問題ありませんね。」

A子さん:「ここ(クリニック)に来ると、なぜだかキレイになってしまうんです。ひどい状態を先生に診てもらいたかったのに・・・」

 

クリニックに通ってくるだけで、なぜか肌がキレイになってしまう。

これ、本当によくある話です。

そのように感じている方は、どんなことを感じていらっしゃるのかしら?と想像してみました

➀白金のクリニックに足を運ぶことをこの上なく楽しみにしている(ワクワク)※前夜、興奮して寝付けなかったという人もいらっしゃいます。

②あそこ(白金)に行けば、キレイにしてくれそうだ。

③レーザーや針刺激は痛いけれど、顔が整う感じがする。

④ビタミンCイオン導入とマッサージが気持ちいい。

⑤スタッフさんが優しく接してくれる

⑥こんな時代だからこそ、安心して気兼ねなくおしゃべりしてリラックスできる場所は貴重だ

 

美容皮膚科では、患者様の悩みやご希望に耳を傾け、共感することが最初の一歩です。

最適なコミュニケーションで相手を知るよう心がけます。

そして直接肌に触れ、治療(施術)をします。

これらを繰り返すうちに、信頼や愛情が育まれ、脳の視床下部から「オキシトシン」という幸せホルモンが分泌されるのではないかしら?と考えます。

「オキシトシンは、赤ちゃんに授乳すると母親の脳から分泌されるホルモンで、子宮収縮作用がある」と学生時代に教わりましたが、

心が癒されストレスが和らいだり、自律神経が安定したり、幸せな気分になったりする作用もあるようです。

 

私も診療中は患者さんとの時間がとても楽しいですし、自分の知らない世間話が聴けることが何より有難いことです。

読書と一緒で、世界観が広がりますから。

コロナ禍にも関わらず、通って下さる患者様がいてこそ、私たちの仕事の価値を再確認することができます。

患者様も当院に来ることで、オキシトシンがバンバン放出されているのだと思います

レーザーや注入治療の『結果』だけではなく、『通う』行為自体がお肌に与える影響ってかなりありそうです

幸福感に包まれ、美意識がアップ お肌もキレイに

 

オキシトシンを高めるには、愛する人とのスキンシップが効果的とのこと。

私の場合は、愛犬ムニエルとくっついていることですね

毛並みがさ・い・こ・う

柔らかいものに触れると幸せを感じるようです。

子供の頃、気に入ったタオルケットを指の間に挟んでスリスリするのが快感だったのはオキシトシンが出ていたのですね!

家族や友人らと集まり、ワイワイ楽しく話したり食事したり楽しむこともオキシトシンを高めますが、今のコロナ禍では、やりにくくなってしまいました

人を褒めたり、親切にすることでも幸せになるようです。

身近な人との関係性を豊かにすることを心掛け、愛のある生活をお過ごしください!!