院長ブログ


自由とは

10月28日(日)、長野市のクリニックへボトックス注入のセミナー講師として出張して参りました。

今年は、大阪・福岡・那覇・長野 4都市巡りでした。

長野は広々して、空気が澄んでいて、周りは山に囲まれていて、とても気の良いところです。

参加していただいた先生方は、長野市だけではなく、松本や佐久からもお集まり下さって嬉しい限りです。

熱心な先生方ばかりで、私もお話しやすく、たくさん質問して下さいました。

 

講演する機会があると、私は必ず当院のコンセプトである『素肌ルネサンス』についてお話します。

素肌ルネサンスとは、化粧品やシャンプーを使わない、真の健康を目指したスキンケアです。

素肌を隠すファンデーションを止めることで得られる幸せをより拡大していきます。

私自身、もう長いこと化粧品もシャンプーも使わず、快適に暮らしています。

お化粧しなくてはみっともない、と思い込んでいる窮屈な女性たちを解放したいのです。

このスキンケアについてお話をすると、必ずあとから質問を受けます。

「先生は基礎化粧品も使っていないのですか?」

「お湯だけで髪を洗い流すのですが?」などなど。

これで結構会話が弾み、意外と全国に『素肌ルネサンス』に共感して下さるドクターがいることに気が付きました。

 

自分が良いと感じることを実践すれば良いのです。

誰かが決めた価値基準で判断するから迷いが生じる。自信がなくなる。人のせいにする。

 

先日新聞のコラムで、「就職活動をする学生たちの画一的な黒のスーツなど止めてしまえば良い。」というような内容がありました。

私は医師なのでそのような経験がありませんが、あのように同じ格好をしなければ合格しないのでしょうか?

港区では小学校受験のシーズンで、このお受験というのもみんな同じ格好をしていますが、これも違う格好ではダメなのでしょうか。

学校から指定されているのでしょうか。

皆と同じことをしていたら安心なのでしょうか???

採用する側としては、大人しく言うことに従ってくれる人材のほうがコントロールしやすいからでしょうか。

私は自分のやりたいことが、大きな組織に所属してると自由が効かなくて出来ないので、独立の道を選びました。

しかし、世の中には他人が決めてくれた道を歩む方が楽だ、という考えがあることも知っています。

その方が幸せだったらそれでいい。

大切なことは自分の心の声に従うこと!

納得してその道を選べば良いと思います。

 

お化粧をやめて素肌で過ごしたいと願う女性たちに、スキンケアとメンタル面を含めてサポートすること。

そして素肌をきれいに整える治療をすること。

これが私のライフワークです。

 

※私は私立医大に絞って受験しましたが、髪の一部を金髪に染めて、おそらくピアスもしていたにも関わらず現役合格できました。合格させて下さったいくつかの大学は偏見がなく素晴らしいと思います(見た目で選んでいない!)。最近私大医学部の不正入試がさかんに取り上げられていますが、医師という職業は比較的男女差別なく活躍できる素晴らしい仕事だと思っています。