院長ブログ


ビタミンD

新年を迎えたら、あっという間に1月も終わり・・・

当院はスタッフ全員誰一人風邪もひかずに、元気に働いております。

12月からスタッフに『ビタミンD』を配り、毎日内服しています。

ビタミンDは免疫力を高めるので、風邪予防に効果的です。他にも様々な効果がありそうです。

・インフルエンザに対する免疫とビタミンDの関係

・アレルギー性鼻炎の改善

・慢性じんましんの改善

・冬季うつの改善

などの報告もあります。

思い出せば・・・幼稚園の時(70年代)、毎日帰るときに整列して、一人ひとり先生に手のひらに肝油ドロップを頂いておりました。

甘くて美味しいな~と楽しみにしていましたが、あれこそ「ビタミンAとビタミンD」だったのです。

肝油ドロップのホームページを見たところ、下記のような表記がありました。

● ビタミンAは夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
● ビタミンDは腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

目と皮膚と骨!子供の健康を守るための習慣だったのですね。

年末の忙しさと、お正月の家族行事などで、例年1月は少し体調がすぐれないものですが、今年はビタミンDのお陰でとても元気です!

 

来週は社員研修のため、2日(月)~5日(木)までお休みとさせていただきます。

詳細は秘密です・・・ 帰ってから報告します。

今年もスタッフ教育に力をいれますので、パワーアップして帰ってきますね。

日頃は診療に追われて、なかなか皆で話し合う時間が持てませんので、このような機会を作って、

「人生とは?仕事とは?美とは?これからの日本はどうなる??」といったことを熱く語りたいのです。

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解下さいますようお願い申し上げます。