院長ブログ


謹賀新年

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

1月8日になりましたが、本日から診療開始です。

昨年末は燃え尽き、大晦日までに何とか年賀状を投函したため、元旦に間に合わずに申し訳ございませんでした。

 

年末年始は夫や私の親戚と会い、家族の絆と健康を確かめながら、人の幸福は様々な形があるものだと考えた休日でした。

私は私の幸福を追求するために、年始はスキー三昧の日々。

大好きなスキーを5日も滑れる!!と4泊出かけたのですが、成長盛りでしなやかな子供たちと行動を共にするには、いささか体力不足でして。

若い頃の感覚で考えておりましたが、5日連続スキーは体力的に限界を感じ、4日連続で終わり・・・。でも良い運動になりましたよ。

真っ青な空と息を呑むような美く雄大な雪山、稜線、粉雪、、、 ふかふかなパウダースノーでシュプールを描き、、、体の芯から満ち足りた何かが込み上げてきました。

ああ、幸せだな~。

しかし、若い頃から合宿のように滑っていたので、優雅に過ごすと罪悪感を感じてしまい、自分自身がだらしないのではないかとさえ思ってしまうのも困ったもの。

この感覚はそう簡単には直りません。

家族の構成と年代の変化によって、幸福の形も変わるので、楽しみ方も変えなければならないのかと悟った旅でした。

やはり非日常を経験できる旅行は大好きですね。

 

大切にしている価値観や物事は、人によって全然違うもの。

その多様性を認めながら共存できれば、平和で幸せに暮らせるのではないでしょうか。

 

さて、スキーで筋力アップ?したところで、今年もいい仕事が出来るよう頑張りますね。