院長ブログ


8周年

2006年に開院して8年が経ちました。

最初の1周年、2周年、3周年は1年1年考え深く9月を迎えましたが、8年も経つと「え、もう1年?」です。

ただし、けじめとして周年の挨拶とキャンペーンのようなご案内を患者様に郵送しています。

①9月の周年、①クリスマスカード、③春の新緑祭り、④暑中見舞い は必ず送るようにしています。

ダイレクトメールや治療説明のチラシなど、院内で作成する機会が多いので、内容やデザインがどんどん欲深くなり!!

やはり外注では出せない細かいポイントを工夫できるので、治療に携わっている者が作成すると味わい深くなると思うのです。

スタッフもどんどん勉強してくれるので、パソコンをどんどん買って、フォトショップとイラストレーターを学んでもらい、なんだかデザイン事務所みたいになっています。

お陰様で8周年のダイレクトメールもかなり満足な仕上がりです :-D

私の神経質な注文に応えてくれたスタッフには心から感謝しています。

そしてそして、愛の一言添えを必ず書きます。患者様のお顔を思い出しながら。

 

クリニックを8年運営して思うのですが、私たちの舞台は「診療」なのです。

もちろん「診療」のための練習は必須です。解剖や治療について学んだり練習したりは欠かせません。

しかし、その「診療」を成功させるためには、舞台で言うところの「裏方」業務がとても大切で、そこをしっかりやらないと舞台は転けてしまうのです。

院内を清潔に保つための清掃、整理整頓。

物品に不備がないかチェック。

感じの良い接客ができるための訓練などスタッフ教育。

効率よく仕事が出来るためにWEB環境を整える。

患者情報共有のためのミーティング。

スタッフが気持ちよく働けるための配慮。

そして、このダイレクトメール作成。などなど

 

このような当たり前なことを一つ一つしっかり取り組むことが、クリニックのみならず仕事を成功させることなのではないでしょうか。

 

開業したての頃は、異業種交流だとか社交が大切だと思って参加していたこともありましたが、社交で集客の努力をするのは間違いだと気づきました。

(私にはその才能がないのかもしれません)

それよりも、目の前の患者さん一人ひとりに徹底的に満足していただけるよう、「診療」に備えることこそ努力するポイントだと信じて、ここ何年か取り組んでいます。

 

8周年記念の治療メニューはキレイいっぱい、楽しみいっぱい。

ここに書いてしまうと楽しみが半減なので、あと1週間ほどでお家に届きますから少しお待ちくださいませ。