院長ブログ


一流

ソチオリンピックもいよいよ終わりですね。

真央ちゃんのフリー、本当に素晴らしかったですねshine

心の中にいろいろな思いを重ねながら滑ったのでしょうね。

一流のアスリートが凄いなと思うところは、世界中のたくさんの人々に、感動と勇気と希望を与えているということ。

世界のトップに上りつめるためにどれだけ壮絶な努力をしてきたかと考えるだけで、胸が熱くなるというか苦しくなります。

昔から思うのですが、「努力できる」ことが才能なのですよね。

私は小さい頃から、十分に努力することができないので(努力できない自分が時々嫌になります)、この才能は本当に羨ましい。

いつもいろんなことに興味が分散して、熱しやすく冷めやすい。

死にもの狂いで努力するという真似できないから、自分を正当化するために、適当に頑張るところで妥協し続けているような気がしてなりません。

そして自分なりの適当に出来るところで社会貢献すればいいのかしらと。

所詮二流の中での一流を目指しているという感じでしょうか。

世の中にはいろいろな仕事があるから、自分が一流に輝ける世界を早く見つけてそこで精一杯頑張れば世の中明るくなると思うのです。

医学界の中ではおそらく王道から外れた道を歩み続けてきましたが、美容医療に対する情熱だけは誰にも負けないという自信があり、自分の思いを実現するために早く独立開業しました。

途中自分のキャリアに自信が持てない時もありましたが、今となってはこの道を歩んで正解だったと納得しています。

特に女性は妊娠・出産・子育て時期を考えて、仕事の取り組み方をフレキシブルにしておかないと続けられません。

またお金のために働くというのはちょっと寂しいので、金銭感覚も大切です。質素な生活に慣れましょう。

“幸せの幻想”に囚われず、自分自身の幸せを追及しましょう。