院長ブログ


目の周りのくすみ

目元の黒ずみが気になる方、結構多いと思います。

目元の黒ずみとは一体何でしょうか?

1.皮膚が薄いので、筋肉が透けて見える「色ぐま」

2.皮膚のたるみによる「影ぐま」

3.メラニン色素の沈着、いわゆる「くすみ」

4.アイメークが落ちていない!

以上が考えられます。

1の「色ぐま」は、寝不足や体調不良によって悪化します。温めたりマッサージをすると一時的に改善することもありますが、皮膚皮下組織の構造が根本的な問題なので治療は難しいです。皮膚が薄いので、その下の眼輪筋が透けて見えています。レーザーやヒアルロン酸を使うこともありますが、限界がありますのであまり深追いしません。

2の「影ぐま」は、加齢による形態的変化(脂肪や筋肉の委縮、下垂)が原因です。ある程度はヒアルロン酸で形を整えることができますが、とても難しい部分なので慎重に行います。ご希望によっては手術も選択肢に入ります。

3の「くすみ」は、何らかの慢性的刺激により、メラニン色素が増えている状態です。理由はアレルギー、目の擦り過ぎ、アイシャドウなどのアイメークとクレンジングによる摩擦、涙や点眼薬などによる刺激など。最近はまつ毛を伸ばす薬がありますが、それによる色素沈着は結構ひどいですね。当院では、眼球保護コンタクトを入れて、まぶたにレーザーを当てる治療をしていますが、メラニンによるくすみには結構効果があります。

4は「目パンダ!」 アイメークは手軽に印象を変えられますので、熱心にメークをする人がいるのですが、やり過ぎてまぶたの皮膚を傷めている人が多いです。目をぱっちり見せるための努力がかえってマイナスに。まつ毛のエクステは数年前に大流行しまして、当院の患者様でもエクステ率が高かった時期もありましたが、最近はすっかり減りました。その理由は、使用する接着剤で皮膚が荒れたり、まつ毛そのものが弱ってしまったりとのことです。

メークは皮膚のダメージになるということをお忘れなく!

やり過ぎ注意報です!!